ゆうちょ口座を2つ作ることは可能!しかし注意点あり

ゆうちょ銀行は便利ですよね。 郵便局は全国どこでもありますし、手数料も安いのが魅力的。 口座を持ちたいと考えているのであれば、ゆうちょを持っておいて損はないでしょう。

そんなみんな大好きゆうちょ銀行なのですが、「複数口座を作りたい」と考える人が意外と多くいることがわかりました。 ゆうちょ口座を2つ、もしくはそれ以上作りたいという方も中にはいるかもしれません。 しかし、ゆうちょ銀行のHPにはこのような記載があります。

お1人につき1口座のご利用をお願いしています。
すでに口座をご利用いただいている場合、新たな口座の開設をお断りする場合がございます。

 引用元:http://www.jp-bank.japanpost.jp/kaisetu/kat_kojin.html
 
これを見ると、複数口座を作るのは無理なのかな?と思われるかもしれません。 ですが「ゆうちょ銀行の口座を2つ以上作ることは可能」です。 
 
しかし、上手に説明できなければ断られるケースもありますので、ゆうちょ銀行の口座を複数作る際の注意点などを紹介したいと思います。
 
スポンサードリンク

 

ゆうちょ口座を2つ作る場合の注意点

 
先程も説明致しましたが、ゆうちょ銀行の口座は原則として「お1人につき1口座」 これは悪用や詐欺などを未然に防ぐという意味で公には複数作ることはできないとされています。
 
ですが、窓口で2つめの口座を作りたいと言うと、すんなり口座開設できる場合もありますし、「なぜ新たに口座を必要とされるのですか?」という質問をされる場合もあるそうです。
 
「複数の口座が必要な理由」が明確に伝えることができれば、新たに口座を解説することができます。 適当な理由では断られる可能性があるので、ゆうちょの口座を複数必要な理由をいくつかご紹介いたします。
 
 

ゆうちょ口座を2つ必要な理由

皆様の状況から、なるべく自然なものをお選びください。

  1. アルバイト代(給料)を受け取る口座が欲しい
  2. 本業とは別の給料(副業など)を受け取る口座が欲しい
  3. 貯蓄用と生活用で口座を分けたい
  4. オークションを頻繁に利用するので、口座を分けたい
  5. 引き落とし(振り込み)専用の口座が欲しい

これらの理由で最寄りの郵便局で口座開設を行ってください。 万が一断られた場合、違う郵便局で同様の理由でもう一度チャレンジしてみてください。 局員さんによって対応が違いますので、めげずにダメなら違う郵便局でを繰り返しましょう。

口座を持っていないなどの嘘はご法度。手続きが面倒なのと、印象が悪くなって口座開設ができない場合があるので、丁寧な対応を心がけてください。

ゆうちょ 2つめの口座開設に必要なもの

2つめの口座開設に必要なものは、初めて作った時と同じく「印鑑」「本人確認書類」「お金」「暗証番号に使う4桁の数字」が必要です。 詳しく知りたい方はこちらを御覧ください。

何かとお世話になっている「ゆうちょ銀行」 手数料も月に3回まで無料 全国各地で使えるという幅の広さから、ゆうちょ口座は持ってお...

後は局員さんの指示通りに書類を書くだけでOKです。 

2つめの口座開設ができなかった場合の対処法

「どこの郵便局でも断られてしまった」と、複数の口座開設が難しい状況も場合によってはあるかもしれません。 その場合は「貯蓄貯金口座」の開設を検討される事をおすすめします。 これなら、理由さえしっかり答える事ができれば口座開設できます。

Q,貯蓄貯金口座とは? 残高が定められた金額(基準残高)以上あると、普通預金より金利が高いのがメリット

貯金口座だからといって、お金を出せる回数に制限などはなく、ほぼ普通口座と同じ感覚で利用できる口座になります。 普通口座との違いは「引き落としができない」「給与や年金の受け取りができない」点です。 それ以外の振込や送金などは可能なので、普通口座と同じような感覚で利用する事ができます。 

これなら、2つ目の口座として利用することができると思います。 給与などは受け取れないため、給与を受け取る口座は現在お持ちの口座で受け取り、貯蓄貯金口座には貯めるお金を入れておくのが良いかと思います。

まとめ

ゆうちょ口座を2つ作る際のアドバイス

  1. 複数作る理由を用意する
  2. ダメなら別の郵便局で再挑戦
  3. 印鑑など忘れずに
  4. 難しいようなら貯蓄貯金口座の検討を

ゆうちょの口座を2つ作るには“運”が必要みたいですね。 簡単に作れてしまう場所もあれば、作れない場所もあります。 運良く口座開設できればいいですね! 

スポンサードリンク