ゆうパックの集荷依頼を1から解説してみた【初心者専用】

「家にいるだけでいいんだなぁ」

ゆうパックを利用する事が多いのです、毎回郵便局やコンビニに持っていくのが面倒だなぁと思っていると、「集荷」というサービスがあることを最近知りました。 集荷とは、自宅まで荷物を取りに来てくれるサービスになります。

集荷は無料のサービスで、集荷依頼も簡単なので、送る荷物が多いときは集荷を利用することが多くなりました。もっと早く知りたかったです。

そんな超便利な「郵便局の集荷」について、意外と簡単にできるんだぁと思ってもらえるように1から説明させていただきます。

スポンサードリンク

ゆうパックの集荷依頼を1から解説してみた【初心者専用】

それでは、ゆうパックの集荷の方法を具体的に紹介していきたいと思います。 

  1. 集荷の荷物を渡すまでの流れ
  2. 集荷依頼の仕方について
  3. 伝票の有無について

※念のために確認 ゆうパックの集荷を依頼する前に、荷物の梱包をしっかりと済ませておきましょう。

ゆうパックの集荷の荷物を渡すまでの流れ

イメージしてもらえるように、集荷の一連の流れを最初に紹介していきたいと思います。

◎集荷の荷物を渡すまでの流れ

  1. 荷物を梱包する
  2. 集荷依頼する
  3. 事前に伝票を用意するか、集荷時に持ってきてもらう
  4. 指定した日時に集荷が来る※伝票を書く
  5. 荷物を渡す
  6. 完了

◇荷物を梱包する まず、梱包を済ませておきます。 ゆうパックは荷物の重量が25kg以下、梱包後のサイズが(縦幅+横幅+高さ)が170cm以下のものしか送ることができませんので注意して梱包してから、集荷の依頼をするようにしましょう。

梱包をしっかりした後、集荷を依頼します。そうしたら、指定した日時に郵便局の配達の方が自宅に来られるので、荷物を渡すだけでOKです。

それでは次に「集荷依頼の方法」を具体的に紹介していきます。

ゆうパックの集荷依頼について

集荷の依頼は無料で使えるサービスです。さらに当日でも時間帯によっては対応してくれる場合があります 集荷の依頼方法は「電話から依頼」「ネットから依頼」の2つの方法があります。 

集荷を何度も利用していきたいとお考えの場合は「ネット依頼」のほうが、スムーズに行えるかと思います。 お急ぎの場合、「電話依頼」の方が、直接対応してくれるのでおすすめです。 

どちらか迷ったら「電話」のほうが手っ取り早いです。文字入力がないですし、口頭で伝えられるので、間違いが少なくすむと思います。

◇電話で集荷依頼する方法

  1. 電話をかける
  2. 音声案内の指示に従う
  3. 日時などを伝える

集荷専用電話番号 0800-0800-111

近くの郵便局に直接電話が繋がって集荷依頼することができます。 そのため、土日祝日や、早朝や19時以降など、郵便局の営業時間外では対応できない可能性があるので注意が必要です。

電話をしてみて、住所など聞かれるので丁寧に応えて、わからないことや不安なことがあれば、その都度確認してみてください。 このときに、ゆうパックの伝票の有無を聞かれるので伝えましょう。 伝票については後ほど詳しく説明させてもらいます。

◇ネットで集荷依頼する方法

  1. ネットに必要事項を記入する
  2. 指定した日時に集荷が来る

至ってシンプルで、集荷の専用ページに必要事項を記入していくだけです。

「ゆうびんID」を登録すると、自分の住所などの情報を省略することができるので、何度も集荷を利用する方にとって便利な機能です。もちろん登録しなくても利用できます。 ネットでの集荷依頼は24時間いつでも対応してくれるのが嬉しいポイントです。

●万が一集荷をキャンセルしたい場合

集荷依頼をし終えて、何らかの理由でキャンセルしたくなった場合、「電話」での集荷キャンセルをすることをおすすめします。 先程の番号から「集荷をキャンセルしたい」という旨を伝えるとキャンセルすることができます。 集荷時間前であれば、なんとかなる可能性が高いので、気づいたときに丁寧にキャンセルしましょう。

スポンサードリンク

ゆうパックの集荷時の伝票について

最後に集荷時の「伝票」についてです。 伝票は、郵便局に出すときと同じ伝票を書く必要があります。 伝票が手元にない場合がほとんどだと思いますが、心配いりません。 集荷時に伝票を持ってきてもらえば済む話になります。 

電話で依頼したときに、伝票の有無を聞かれるはずですし、ネットでの依頼の時も、伝票の有無のチェック項目がありますので、忘れないようにしておきましょう。 

集荷当日に、玄関で伝票を書く作業があるので、記入する情報などはわかるように用意しておくと良いでしょう。 その手間が嫌なら集荷前に伝票を手に入れて、伝票を記入しておけば、集荷時に荷物と伝票えお渡すだけなのでスムーズかもしれません。

お家にパソコンとプリンターがある方限定ですが、「ゆうパックプリント」という、自宅で伝票を印刷できるサービスがあります。 これは集荷も対応しているので、伝票を記入する手間が嫌な方はこちらを試されるとスムーズかと思います。

ゆうパックの伝票は「着払い」「元払い」の2種類があります。 

「着払い」は、送料が自分でなく、届いた相手が届いたときに料金を支払う伝票になります(赤い伝票)。

「元払い」は、自分が送料を払ってから発送し、届いた相手は荷物を受け取るだけの伝票になります(青い伝票)

ここだけ、お間違えの内容に注意していただければ、無事に集荷の作業を終えることができるはずです。 

まとめ

◎ゆうパックの集荷依頼を1から解説してみた【初心者専用】

  1. ゆうパックの集荷は無料
  2. 電話とネットから集荷依頼可能
  3. 伝票が必要な場合は必ず伝える
  4. 着払いか元払いか間違わないように

集荷は、お家にいながら荷物を運んでくれるありがたいサービスです。 荷物が大きくて運びづらい時や、数が多い場合など、意外と使えるサービスなので賢く利用していきましょう!

スポンサードリンク