チルドゆうパックで送る前に見てもらいたい注意点

「実家に魚を送りたいんだけどなぁ」

郵便局の宅配サービス「ゆうパック」 便利なサービスで、このブログでも度々登場しています。 梱包して、伝票を書いて窓口に持っていくだけで即日配達ができるありがたいサービスです。

そんなゆうパックですが、「チルドゆうパック」という冷蔵発送に対応してくれるサービスがあります。私自身最近知りました笑。 なので、生鮮食品を送りたい場合でもゆうパックは有効の手段だといえます。 チルドゆうパックで送る場合、注意しなければいけないことが何点かありますので、初めてチルドゆうパックを利用したい方や、生鮮食品を送りたい方に向けて参考になるように、お伝えできればなと思っています。

スポンサードリンク

チルドゆうパックで送る前に見てもらいたい注意点

「チルドゆうパック」は0〜5℃の低温輸送をしてくれるサービスです。 通常のゆうパックを送る場合と、違うポイントがありますので送る前に一度確認してみてください。

最初にチルドゆうパックを送るまでの流れを簡単に紹介していきます。

◎チルドゆうパックを送るまでの流れ

  1. しっかり梱包する
  2. 伝票を書く
  3. 郵便局に出す
  4. 完了

通常のゆうパックとほぼ一緒です。伝票もチルド専用の伝票はありません。通常のゆうパックの伝票でOKです。書き方も品名に「チルド」と書いて、郵便局で出すときに「チルドで」と言うだけでOKです。

◇ゆうパックの伝票の書き方↓

誰かに荷物を届けようとした場合、郵便局の宅配サービス「ゆうパック」が非常に便利です。 個人的に初めてゆうパックを利用したのはヤフオクの配...

◎チルドゆうパックを送る際の注意点

  1. 送料が通常よりも高くなる
  2. チルドゆうパックを受け付けていない郵便局がある
  3. ちゃんと保冷して梱包する

この3項目をしっかりと抑えていただければ、スムーズにチルドゆうパックを利用することができますので、1つずつ具体的に紹介していきたいなと思います。

チルドゆうパックで送る前に【送料について】

チルドゆうパックは、通常のゆうパックよりも送料が高く設定されています。 ゆうパックは荷物の大きさ(縦・横・高さ)3辺の大きさの合計でサイズが決まり、サイズ別に送料が決まる仕組みになっています。 

さらに通常のゆうパックの最大サイズが170cmなのに対し、チルドゆうパックは3辺の合計が150cmまでなので注意が必要です。

サイズ荷物の大きさ
(縦・横・高さの合計)
送料
60サイズ60cm以下基本運賃+220円
80サイズ61cm以上80cm以下基本運賃+350円
100サイズ81cm以上100cm以下基本運賃+660円
120サイズ101cm以上120cm以下
140サイズ121cm以上140cm以下基本運賃+1,300円
150サイズ141cm以上150cm以下基本運賃+2,060円

スポンサードリンク

チルドゆうパックで送る前に【受け付けていない郵便局がある】

小さい郵便局など、一部郵便局でチルドゆうパックを対応していない店舗があります。そこに行ってしまうと二度手間なので、事前にチルドゆうパックに対応している郵便局を下調べしておくと良いかと思います。チルドゆうパックにチェックを入れるとスムーズに検索できます。

近所にチルドゆうパックを対応している郵便局がなかった場合、対処法としては「集荷依頼」するということです。 集荷とは、自宅まで荷物を取りに来てくれる無料のサービスになります。冷蔵が必要という事を事前に伝えておくだけでOKなので、とても助かります

集荷についは以下の記事で詳しく説明してますので良ければ御覧ください。

「家にいるだけでいいんだなぁ」ゆうパックを利用する事が多いのです、毎回郵便局やコンビニに持っていくのが面倒だなぁと思っていると、「集...

チルドゆうパックで送る前に【梱包について】

最後に「梱包」についてです。 要冷蔵の生鮮食品などを送ることが多いと思います。 チルドゆうパックは、配達用保冷バッグに入った状態で配送されます。 しかし、配達方法の保冷が微妙というウワサがありますので、念のために保冷剤などをしっかり入れた状態で梱包することをおすすめします。

通常のゆうパックでは「ダンボール」に梱包するのが主流だと思いますが、保冷剤などを入れることを想定すると「発泡スチロールの箱」が良いと個人的に思っています。

保冷剤をガンガン入れても、箱がびしょびしょになることは無いですし、保冷効果が高いので発泡スチロールはおすすめです。 ホームセンターで様々な大きさの箱が手に入るので、興味があれば見に行ってみてください。

まとめ

◎チルドゆうパックで送る前に見てもらいたい注意点

  1. 送料が通常よりも若干高くなる
  2. 受け付けている郵便局に出す
  3. 近くになければ集荷依頼で解決
  4. ちゃんと保冷して梱包する

これで、生鮮食品を送ることができますね。 ゆうパックは早いですし保証もしっかりしているので安心感が違いますよね。 私も実家に魚を無事届けることができました。おそらく喜んでもらえたと思います。 皆さんもチルドゆうパックを活用してみてください。

スポンサードリンク