スマホの画像を年賀状に コンビニで印刷が簡単で安い!

今年もあっという間に年末。長かった1年が終わろうとしています。年末の大仕事といえば「年賀状作成」 毎年やらないといけないと思っているのに、なかなかやる気が起こりませんよね。今年もギリギリまでやらなそうな気がしてます。

私も年賀状を書きますが、家に「パソコンなし」「プリンターなし」という状況。そのくせ年賀状の個性を出したいというワガママ野郎です。こういった状況の人は意外と多いのではないでしょうか?

でもそんな人でも問題なし! なんとかなります笑 その方法とは 「スマホの画像を使ってコンビニで印刷する」というもの。 最近のスマホは賢いので、スマホで簡単に年賀状を作成できるようになりました。

ということで今回は「スマホの画像を年賀状にする方法」と「コンビニで印刷する方法」を合わせてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

スマホの画像を年賀状にする方法

スマホの画像を年賀状にする方法は色々あると思います。しかし、現時点で私なりに使い込んでみた結果、紹介する方法が一番簡単かなと思ったので紹介致します。 その方法は「スマホの画像をまっさらな年賀状に印刷する(コンビニで)」という方法です。

この方法は「自分好みに調整できる」「制作費が安い」「今日にも完成できる」というメリットがあります。 専用アプリで素材を選んだり、お好みのスマホの写真でも大丈夫です。 その素材をコンビニのプリンターで、まっさらな年賀状に印刷するだけなので、即日完了です。 個人的に3年ほど使っていますが、大満足ですよ。

と言いたいところなんですが、デメリットもあるので知っておいてください。

  • 宛名の印刷はできない
  • 多い枚数には向かない

宛名の印刷はできません。手書きになってしまうため、面倒に思われる方もいるかもしれません。 そしてコンビニで印刷するため、年賀状を多い枚数作成したいと考えている方にとっては、かえって面倒な思いをされる可能性があります。

それでは具体的な方法をご紹介していきたいと思います。

◎スマホの画像を年賀状にするまでの流れ

  1. アプリから年賀状の素材を選ぶ
  2. 端末に年賀状にしたい画像を用意する
  3. どこかでまっさらな年賀状を印刷したい枚数を用意する
  4. コンビニで印刷する
  5. 完了

自撮りの写真を年賀状にしてもいいのですが、画像に文字だけは個人的にダサいと思ったので、 年賀状の素材は専用のアプリから拝借します。 もう年賀状にしたい画像がある場合は「コンビニで印刷する」まで飛ばしてもらって問題ないです。

はがきデザインキット2019 年賀状や宛名をかんたん印刷

はがきデザインキット2019 年賀状や宛名をかんたん印刷

Japan Post Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

年賀状作成のアプリは探すと色々ありますが、その中でもこのアプリは素材を使うだけなら住所など登録不要。素材画像を端末に保存できること。他のアプリではできないのがほとんどでした。素材も種類がかなりあるのでかぶることはないと思います。 それでいて無料。 とても心強いですので、気になる方は試しにダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

◎アプリから素材を選ぶ

端末に保存する方法は マイデザイン→素材を選択→印刷から「端末に画像を保存する」を選択

image

シンプルな画像を年賀状にしたい場合はこの工程を飛ばしても構いません。 自分で加工した画像でも年賀状にすることはできます。後はコンビニで印刷するだけになります。

スポンサードリンク

年賀状をコンビニで印刷する方法

コンビニに行く前に、無地の年賀状を用意する必要があります。 コンビニでも無地の年賀状を手に入れることは可能ですが、ない場合もありますので、事前に郵便局で印刷枚数用意しておきましょう。

年賀状やはがきの印刷をする場合、セブンイレブンをオススメします。 コンビニで唯一はがき専用のプリントを搭載している「マルチプリンター」なのでセブンイレブンがかなりおすすめです。 セブンイレブンのマルチプリンターは今年2015年の6月から導入された素晴らしいマシンです。 

image

【旧タイプのプリンターしかない場合の印刷方法】

そして印刷しに行く前にこちらのアプリをダウンロードしておいてください。

セブン-イレブン マルチコピー

セブン-イレブン マルチコピー
無料
posted with アプリーチ

このアプリを使うことで、わずらわしい設定などしなくても印刷する画像をサクッとプリンターに読み込ませることができます。

◎年賀状の印刷の仕方

まずプリンターの前に行き、プリントからはがきプリントを選択 あとは画像をどのようにしたいか選択して先ほどのアプリで画像を「はがきプリント」を選択すればOK 読み込みが完了すれば印刷に入ります

image

「専用用紙を持ってきた年賀状に変更してね」とガイドがあるので年賀状に変えます。 向きを間違えないように正しくセットして印刷するだけです。 時間でいえば1枚20〜30秒ほど なので多く印刷する場合は数回に分けるなどして、他の人に迷惑にならないように印刷してみてください。夜中は空いている可能性が高いので個人的におすすめです。

家にパソコンやプリンターがなくても、スマホやiPhoneがあれば年賀状が簡単に作れるのが素晴らしい。

このように印刷する場合の値段は

(年賀状62円+印刷代50円)×枚数 になります 1枚の単価が102円 意外と安く済ませることができます 直ぐに作れるしアレンジし放題で手軽なので数枚作る方にはオススメできます

【料金比較】コンビニ印刷が圧倒的に安い

パソコンがないという人を想定して、自分好みの年賀状を作成しようとする場合、「アプリ」を利用して、そのアプリから年賀状作成を業者に依頼する方法。コンビニでプリント作業を代行してくれる「コンビニのプリント代行」。そして今回紹介した「自分でコンビニ印刷」。 この3パターンが主な方法だと思います。

「アプリで業者依頼」「コンビニのプリント代行」「コンビニで自分で印刷」の料金を比較してみたいと思います。

 料金宛名印字送料10枚作成する場合(宛名なし)
アプリで業者依頼1枚 140円
(印刷78円+はがき代62円)
1枚30円全国一律 650円1,910円
割引 10〜29枚 10%オフ
30〜49枚 20%オフ
50枚以上 30%オフ
コンビニのプリント代行(申し込みはパソコンのみ)

料金 10枚まで1,080円
※年賀状代別

以降10枚毎に200円加算

1枚30円なし1,700円

101枚以上から印刷単価が40円
201枚以上から印刷単価が30円

早割あり

自分でコンビニ印刷

料金 1枚112円
(印刷50円+はがき代62円)

なし

なし1,120円

自分で印刷する手間がある分、好みの年賀状を安く作成することができます。 枚数が多い方にはおすすめできませんが、20枚程度までなら、さくっとその日に作れる手軽さもあるので、おすすめです。

まとめ

◎スマホの画像を年賀状に コンビニで印刷が簡単で安い!

  1. 年賀状アプリから素材だけを無料で使える
  2. 自分好みの写真でも年賀状にできる
  3. コンビニ印刷で即日完成
  4. 宛名印刷ができないのが残念

お家にパソコンやプリンターがなくても、自分好みの年賀状を手軽に安く作れる時代になりました。 今後スマホやアプリがもっと進化して使いやすくなっていくと思うので、強い味方ですね。

スポンサードリンク