車のタイヤがパンクしたらするべき行動

予期せぬ事態ということが起きてしまうものです まさかが突然やってきます 朝起きて仕事に行こうとしたときに、車をふと見るとタイヤがパンクしている 急な出来事でびっくりしてしまいます 急いでいたりするとかなり焦りますね

そんなタイヤのパンクというアクシデントから脱出する方法をご紹介します

スポンサードリンク

車のタイヤがパンクしたらまずやること

  • 安全な場所に車を停める
  • 自分でスペアタイヤを交換するorロードサービスを使用する

走行中車がパンクしたことに気づいた場合、速やかにに車を安全な場所に停めましょう 大きな事故にならないようにするためです

駐車場が近くにあればベストですが、近くにない場合は路肩に止めてハザードランプをつけましょう 高速道路の場合はハザードランプや三角表示板を置くなどをして、後続車にわかるように対応しましょう

image

次にタイヤのパンクを直す方法を考えます 大きく分けて2パターンで、自分でスペアのタイヤを交換するか、JAFなどのロードサービスを利用するかになると思います

そして加入されている自動車保険の中に「ロードサービス」が付帯されているものもあります パンク修理などのカートラブルを、無償(場合によっては有償)で行ってくれます なので迷われた場合加入している自動車保険の確認をしてみることをおすすめします

車に分厚いマニュアルの中に電話番号など記載されているはずです

タイヤパンクのロードサービスについて

まず知っておいてもらいたいことは、JAFのタイヤパンクの対応は2種類で「スペアのタイヤに交換してくれる」「タイヤを一時的に応急処置してくれる」というものです なので新しいタイヤと交換してくれるわけではないということは覚えておいて下さい

保険などわからない場合のロードサービスは「JAF」がオススメ  JAFに会員登録している方であればタイヤ交換は無料(会員証の提示が必要)ですし、意外と知られていませんが同乗者の方がJAFを加入していればその方の会員証を提示しても適応されます(無料ということ) 同乗者でJAFの加入者がいないか確認してみてもいいかもしれません

さらにJAFの会員で無い方でもサービスは利用可能です タイヤパンクの料金は約1万5000円でメンテナンスしてくれます

JAFの会員ではない人が利用するということは「スペアタイヤを自分で交換できない」「スペアタイヤがそもそも無い」「2輪以上パンクした」など自分ではどうしようもできない場合に呼ぶべきだと考えています その他時間とお金が別途かかるので、JAF会員以外の方はよく検討してみてください

スポンサードリンク

自分でスペアタイヤに交換する方法

それだったらスペアタイアを自分で交換したいと考える方もいらっしゃるかもしれませんので補足程度に タイヤ交換を自分でされたことのない人は難しいと思われるかもしれませんが、実は簡単で1本交換するくらいなら10分程度で交換できると思います

女性の方でも力がいる作業ではありますが、できない作業では決してないのでチャレンジされてみてください

タイヤの交換方法ですが時間がある方はこちらの動画を参考にしてみてください

タイヤ交換の流れをざっくりと説明すると

安全な場所に停車しエンジンを切り、ハンドブレーキをかける

車の後ろからスペアタイヤとジャッキとレンチを取り出す

ジャッキを噛ませて、交換したいタイヤを地面から浮かす

ホイールカバーを外し、ナットを緩める

タイヤを外し、スペアに交換する

ナットを締め、ホイルカバーをしてジャッキを下げる

完了

タイヤ交換で大変なのは「ジャッキアップ」「ナットの取り外し」 力がいる作業なので根気が必要です ナットの外し方は反時計回りになります ですが女性でもできる作業ですから万が一の場合はお試しくださいませ

スペアタイヤはあくまで仮のタイヤです 長距離運転は危険なので速やかに近くのガソリンスタンドやカーショップに立ち寄ってタイヤを交換しましょう

自分でタイヤ交換とロードサービスのメリット、デメリット

自分でタイヤ交換ロードサービス
メリット短時間で解決できる電話だけで解決できる
デメリット長距離移動は危険

お金がかかる可能性が

対応に時間がかかることも

旅先などでのタイヤのパンクは意外と多いそうです 突然起きてしまうのでしょうがない事です 対応方法を知っておけば問題ありません

スポンサードリンク