旭川冬まつり 駐車場はここがおすすめ【穴場もあり】

2018年で59回目をむかえる「旭川冬まつり」ゲストにブルゾンちえみさんが登場されるとあり、今年の冬まつりは盛り上がりそうな予感がしております。 いろいろわからないことがありますが「駐車場の場所」は意外と苦労しますよね。 旭川冬まつりの公式ページによれば駐車場はないとされています。

人気行事なので車で来られると交通機関が乱れる可能性があるので、車での移動は推奨されていません。 ですが、車で行きたいという需要はかなりあると思いますので、旭川在住の私がこっそりと近くの駐車場状況をご紹介したいと思います。

記事の流れとしては

  • 会場付近の有料駐車場状況
  • 会場付近の駐車場が満車だった場合の対処法
  • 穴場の無料駐車場

これらを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

旭川冬まつり会場付近の有料駐車場情報

9e0b162e2c5cf7cc0d342346406652ee_s

旭川冬まつりの会場は、旭橋近くの河川敷で住所は北海道旭川市常盤通3丁目

河川敷ですし、付近の駐車場はほぼありません。 都心部ですので、大きな無料駐車場もありません。 そこで近くの有料の駐車場を調べてみるとヒットしたのが45ヶ所。 その中から会場から1km圏内有料駐車場をまとめてみました。

【旭川冬まつり 1km圏内の有料駐車場】

駐車場名収容台数料金会場までの距離
旭川8条通6丁目15台60分/200円0.5km
旭川ロータリー前19台40分/200円0.5km
旭川昭和通820台40分/200円0.7km
旭川6条通6丁目22台60分/200円1km
旭川6・7第45台40分/200円1km
旭川6条通7丁目第217台60分/200円1km
旭川6・7第229台40分/200円1km
旭川6・743台40分/200円1km
旭川6・7第349台40分/200円1km

これれの駐車場から会場まで、約7〜13分ほどで会場につけると思います。 混雑状況などは、各サイトに飛んでいただくとリアルタイムで確認できますので、行く前に確認してみてください。

これらの他にも、有料駐車場はいくつかあります。 旭川周辺の有料駐車場は「タイムズ」か「リパーク」なので他の駐車場が気になる方はそちらでご確認ください。

○タイムズ

○リパーク

スポンサードリンク

会場付近の駐車場が満車だった場合の対処法

会場近くの有料駐車場が万が一埋まっていた場合、「旭川駅近くの有料駐車場+無料シャトルバス」の併用をお勧めします

駅近くの有料駐車場にまず止めて、会場と旭川駅を巡回している無料のシャトルバスを使って会場に行くというスタイル。 これならスムーズに会場に行くことができると思います。

【2018年冬まつり無料シャトルバスの時刻表】

実は旭川駅のすぐ目の前にも、有料駐車場が100台分ほどあります。 しかし旭川駅の有料駐車場は上限金額がなく長時間利用の場合は高額になってしまうため、で冬まつりを見に行く場合の利用については、個人的には向いていないかなと思っています。

興味がある方は確認してみてください。

旭川冬祭りの穴場の駐車場とは?

あまり大きな声で言えませんが、穴場の駐車場をこっそりご紹介いたします。 冬まつり会場付近は中心街なので、大きい駐車場があるお店は少ないです。そんな中、会場から若干距離はありますが、駐車場の大きいお店「コーチャンフォー旭川店」が穴場だと思っています。 営業時間が9時から23時までやっている大きな本屋さんです。

620台止めることのできる大きな無料駐車場があります。 ですがここから、会場まで約3kmあり徒歩で向かうとすると約40分ほどかかってしまいます。 

結構遠い印象がありますが、ここで先程の「無料シャトルバス」を使います。

コーチャンフォーから旭川駅まで徒歩で向かい、そこからシャトルバスに乗って移動するという方法です。 この本屋さんから旭川駅までは約10分ほどなので、歩く手間が省けるかなと思っています。

しかし本来ならば、用もない本屋さんに無断で駐車する行為は推奨すべきではありません。 なので、この本屋さんの中に「ドトール」がありますから、そこでせめてコーヒーを買ったり、雑誌を帰りに買うなどでお店に気を使ってあげましょう。

まとめ

○旭川冬まつり おすすめの駐車場

  1. 会場近くに無料駐車場はない
  2. 有料駐車場は、1km圏内に10件ほどある
  3. 満車の場合、旭川駅周辺に留めてシャトルバスで会場に向かう
  4. コーチャンフォーの駐車場は穴場

旭川冬まつり期間の土日は、毎年混雑する傾向があります。早めに会場に向かうか、バスなどの交通機関を使うのが好ましいですが、有料駐車場を使うのも一つの手ではあります。 運転はくれぐれも気をつけて事故等ないように、冬まつりを楽しんでいってください!

スポンサードリンク