賃貸で画鋲の穴を開けても敷金は取られないのか?

「引っ越しって意外としんどい」

新生活が始まる時期ですね。引っ越しシーズンでもあり、何かとバタバタして忙しいかもしれません。 新しい生活を始める前に、今住んでいるお家の手続きも進めなければなりません。 

そんな賃貸の退去時や入居時に「画鋲の穴は開けてもいいの?」と思う人も少なくありません。 退去時の場合はすでに穴が開いているわけですので、「敷金から引かれるか不安」という方もいるでしょう。 入居時に敷金がなかった場合でも、別途修繕費を取られてしまうのでは?と不安な方もいるでしょう。 

退去時のトラブルで最も多い「壁紙」 引っ越しは何かとお金がかかるので、少しでも費用を抑えたいところ。 なので今回は「画鋲の穴を開けても敷金が取られないか?」「画鋲の穴を100円以下でふさぐテクニック」をお伝えできればと思っています。

スポンサードリンク

賃貸で画鋲の穴は開けても敷金は取られないのか?

敷金とは、ざっくり説明させてもらうと、敷金は、大家さんに保証金として預けるお金のこと。 退去時に入居者は、部屋を原状回復(次の入居者が入れるレベル)してから退去しなければなりません。 基本的には、【敷金ー(美装費用+故意で壊してしまった箇所を引いた金額)=敷金の清算金】として自分の手元に戻ってきます。

賃貸の敷金を払った退去時の場合、「画鋲の穴が原因で敷金が引かれる」 つまり、「入居者の使い方が原因でで壁紙を張り替えなければならない状態」と大家さんが判断した場合に、敷金から壁紙の張替え料金を引かれてしまうということになります。 敷金がなかった場合、修繕費としてお金を払わなければいけないということです。

そこで、画鋲の穴は入居者の負担なのかという話。 これは入居時に「賃貸借契約書」という書類に記載されています。 ほとんどの賃貸では、普通に暮らしてきて出来たキズやヨゴレは、原則的に大家さんの負担となるケースが多いので、「画鋲の穴で修繕費は取られないケースが多い」です。 

しかし、中には画鋲の穴を開けてはいけません。という契約内容の場合では、修繕費が取られるケースが多いみたいです。

まとめると「画鋲の穴が原因で敷金(修繕費)が引れることは少ない」ということです。 後は入居時の契約内容しだいと言う感じです。

とは言え、修繕費を取る取らないは正直大家さんのさじ加減です。変な理由でなければ払えと言われたら払わなくてはなりません。 なので「画鋲の穴が開いていて不安」という方のために、「画鋲の穴を100円以下でふさぐテクニック」をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

画鋲の穴を低予算で塞ぐテクニック

まず始めに確認してもらいたいことがあります。 今回、画鋲の穴を塞ぐテクニックを幾つか紹介させてもらいますが、「修繕費以上にお金をかけなければ直らない」場所についてはやる意味はありません。

明らかに張替えが必要な壁紙(経年劣化ではないシミ、タバコの黄ばみ、カビ)に大家さんから請求されるであろう相場は「数千円程度」大掛かりな場合は数万円かかる可能性がありますが、画鋲の穴程度が気になるほどの壁紙であれば請求されたとしても費用はそんなにかからないと思います。

「そもそも張替えが必要な壁紙」以外の場所で気になる壁紙の画鋲の穴の補修を100円以下でふさぐ方法です。

  1. ティッシュで穴をふさぐ
  2. 修正テープで穴をふさぐ
  3. 100円ショップの補修材を使う

◯ティッシュで穴をふさぐ

やり方は簡単で、白い壁紙限定ですが、画鋲の穴が開いている箇所に画鋲でティッシュを埋めていくだけです。 ティッシュを“こより”のように細くして、穴に詰めていく感じです。

すると、パッと見ではわからないほど、上手に補修ができます。 個人的にこれがおすすめです。 費用はほぼ0に近いのも嬉しいですよね。

◯修正テープで穴をふさぐ

穴がある箇所に修正テープをなぞって目立たなくする方法です。 まず初めに、壁の色と修正テープの色が合っているか調べるために、床面に近い場所などの目立たない場所で、数センチ程度修正テープを壁に貼り付けて色合いを確認してみてください。

色が合わないと、逆に不自然になってしまいます。 もし色が合えば、画鋲の穴の部分を覆うようにテープを張って、軽く指でなじませると、壁紙の凹凸に馴染みますのでより効果的です。

◯100円ショップの補修材を使う

100円ショップに小さな穴をふさぐための補修材が売られています。 

手順は簡単で、補修材を穴の中に突っ込んで、ヘラでなじませて乾くのを待つだけです。 色付きの補修材も売っているので、白以外の壁紙の方はこちらをおすすめします。

まとめ

◯賃貸で画鋲の穴を開けても敷金は取られないのか?

  1. 原則、画鋲の穴が原因で敷金を取られることは少ない
  2. 入居前の契約書を確認すること
  3. 心配な場合は自分で補修してみる

いかがだったでしょうか? 補修したからといって修繕費を取られないというわけではありません。 最終的に大家さんの判断になるので、悔いのないようにチャレンジしてみてください。

スポンサードリンク