自転車の乗り方を子供に教えるコツ 【3ステップ上達法】

最近暖かくなり、自転車を乗っている人を見かける機会が多くなってきました。 子供が自転車に乗っている姿もちらほら見られ、交通事故にはくれぐれも注意してほしいなと思う今日このごろです。

最近、5歳になる甥っ子が自転車デビューしたらしく、自転車に乗れるようになったよという報告を受け、嬉しそうに喋ってくれました。私もこんな純粋な時代もあったんだなぁとしみじみしてしまいました。

私もたまに自転車に乗る機会がありますが、自転車に乗れるようになった当時の記憶は意外とはっきり覚えているものです。 それだけ「初めて自転車に乗れた」という体験は、人生で意外と大きな経験の1つなのかもしれません。

今回は「自転車の乗り方を子供に教えるコツ」を紹介していきます。 大人になると自転車に乗れるという行為は当たり前になっていて、いざ子供に教えようとなると意外と難しいんですよね。 子供に理解できる言葉で説明しないと意味がないので。 

私がおすすめする方法は3ステップ。 徐々にできるようになっていくと、最終的に自転車に乗れるようになっていく方法です。 合わせて「僕自転車に乗れないかもしれない」とネガティブになった子供が効果的に自転車に乗れるようになるコツも紹介します。

スポンサードリンク

自転車の乗り方を子供に教えるコツ

【自転車の乗り方を子供に教えるコツ】

  1. 補助輪付きの自転車を用意する
  2. 補助輪を外して足だけでバランスをとれるように練習する
  3. ちょっとした坂道でコツを掴んでもらう

この3つをしっかり練習するだけで自転車が乗れるようになります。 特に難しい工程はありませんし、教える側の労力もそんなにかかりません。

それではこの3ステップを紹介する前に、子供に教えるコツを少し触れてから紹介していこうと思います。

自転車の乗り方を子供に教えるコツ〜乗り方を教える前に

まず子供さんに自転車を乗れるようになって欲しいという場合に、効果的な方法をいくつか紹介します。 練習の合間に上手に盛り込んでみてください。

◯子供自身が自転車に乗りたいという気持ちに自然に火をつけてあげる

子供は押し付けたことよりも、自分からやりたいと思わせたほうが積極的に動く傾向があります。 なのでイヤイヤ練習させるよりも「乗れるようになったら楽しそう」という世界を子供に見せてあげる必要があります。

私が自転車に乗れるようになったキッカケ「姉が自転車に乗れるようになったから」でした。 1つ上の姉が自転車に乗っている姿はかっこよく、当時補助輪付きだった私は、一緒に遊んでも補助輪のためスピードが遅くて「早く補助輪外したい」と思うようになっていました。

つまりなんらかしらの理由で子供自身から「早く乗れるようになりたい」「補助輪はダサい」と思わせることができたら、上達スピードが変わってきます。

子供が早く自転車に乗れるようになりたいと自然に思わせる方法は、ずばり「同い年くらいのの乗れる子を子供に見せる」です。 これが非常に効果的です。

子供は負けず嫌いな子がほとんどです。なので「同い年」くらいの子が乗れる姿を見せることで「負けたくない」「あの子ができれば僕もできるはず」と自ら気持ちに火をつける事があります。  この時NGなのが、”◯◯君は自転車乗れるのに、あんたは…” と、できないことに対して子供が劣っているかのような言葉は子供にマイナス効果しかないので絶対に言わないようにしましょう。

そうではなく「一緒に遊べたら楽しそうだね 練習がんばろっか」など、乗れたら楽しい未来が待っていることをポジティブに伝えると、自然とやる気が出てくるかもしれませんね。

自転車の乗り方を子供に教えるコツ〜初級編

その1、補助輪付きの自転車を用意する

まず、補助輪付きの自転車を使って、お子さんに自転車に慣れてもらいましょう。 補助輪付きですと転倒するリスクは少ないですし、自転車は漕いで進むという感覚を掴んでもらいましょう。 

サドルの「高さは足がべったり付く高さ」にしましょう。 地面に足がつく安心感があるので、最初はこれくらいで慣らして練習してあげましょう。 ある程度自転車に慣れてきたら、次のステップへ移ります。

スポンサードリンク

自転車の乗り方を子供に教えるコツ〜中級編

その2、補助輪を外して足だけでバランスをとれるように練習する

それでは、補助輪を外していきます。 自転車に乗れるコツは「バランス感覚がわかるようになる」だと思います。 なので最初は、ペダルに足を乗せずに、足だけを使って前に進む練習をしていきます。ペダルを外してしまうのもありかもしれませんね。 この練習でバランスのとり方やハンドルの動かし方、目線の位置などのコツを徐々に掴んでもらいます。

イメージとしてはキックボードのような感覚で、地面を蹴った勢いを使って自転車のバランスを保つ練習です。 

合格ラインは「両足を離して10mほど倒れずに保てるか」です。

これをするにはある程度のスピードに慣れなければなりませんし、ハンドルの動きやバランスもコツを掴めなければできません。 これができればある程度のバランス感覚のコツを掴み始めていると思います。

二輪車は、停止時の安定性がなくなるという特性を持っています。 なのでゆっくりの速度ほどバランスを維持するのが難しいです。  その為、始めたては怖くてゆっくりしか速度がでないのでバランスが取りにくく難しいと感じる事が多いです。 

逆にスピードが出るほど安定しやすいので、なのでなんとかできるように練習してみてください。 できるようになったら次が最後の練習になっていきます。

自転車の乗り方を子供に教えるコツ〜卒業編

その3、ちょっとした坂道でコツを掴んでもらう

ここまで来れば、乗れるようになるのは目の前まで来ています。 最後にペダルを使っていく練習になります。 バランス感覚がつかめたら、ちょっとした坂道を利用します。 大きな坂道は危険ですので避けてください。 ここでいう坂道は「歩道と車道の間の緩やかな傾斜」程度の坂のことを言います。

自転車が停止した状態から、ペダルに足をかけようとしてもバランスをとるのが難しいので、何度も倒れたりする可能性があります。 しかし緩やかな傾斜を使うことで、スピードが自然と出て車体が安定します。 そのスキにペダルに足を掛けるゆとりが生まれるので、自転車に乗れる感覚が付くはずです。

ここまで到達できれば、見事自転車に乗ることができます。 子供ができるようになった瞬間の喜びをともに分かち合ってください。 

まとめ

◯自転車の乗り方を子供に教えるステップ

  1. 補助輪付きの自転車で慣れる
  2. 補助輪を外して足だけでバランスをとれるように練習
  3. ちょっとした坂道でコツを掴んでもらう

◯子供に教える心構え

  1. 無理やり教えても逆効果
  2. 子供の自発心を引出してやる
  3. 他人と比べない
  4. 焦らずちょっとずつ成長過程を褒める

いかがだったでしょうか? 自転車の荷台を持って離すことだけが、練習じゃないんです。 お役に立てていれば嬉しく思います。

スポンサードリンク