道で向かいから来た人と100%道を譲り合わない方法

皆さんこんな経験1度は経験されたことがあるのではないでしょうか?

交差点や横断歩道などを歩いている時

向かいから歩いてきた人と自分が道を譲ろうとして

右へ行くと相手も右へ

左に行くと、相手も左へ

そして最後はお互い苦笑い…

あるあるですね笑

この状況はお互い悪くないんだけど、なんか変な空気になるのでこの状況はできることなら避けたいものです

この状況のことを「道を譲り合う現象」と勝手に呼ばせてもらいますが

この状況をほぼ100%回避できる方法を考案しました

そんな道を譲り合う現象とおさらばするために少しお付き合いください

スポンサードリンク

道で向かいから来た人と道を譲り合わない方法

f776924407823a6b94259278b66970da_s

この状況を打破するためのポイントは1つ!

「自己中になる」です笑

一度止まって…なんて解説しているところもありましたが、個人的にはこれがベストだと思っています

この道を譲り合う現象が起きてしまうポイントはというと

お互いに道を譲ってしまうがために起きてしまうのです

日本人は優しい心を持った人が多いということなんですが…

なのでこの道を譲り合う場面に遭遇しそうだなぁと感じたら

  • 相手から目線を外す
  • 自分の進路方向を決める

こうすることによって回避することができてしまうんですねぇ

詳しく解説していきます

相手から目線を外す

p1080033_tp_v

向かいから来る人が右に来るからそれを避けて…

なんて考えてしまうので、譲り合う現象が起きてしまうのです

なので完全に向かってくる人から、思い切って目線を外しましょう

斜め45°を見たり、時計を見たりなんかして目線を完全に外します

相手をぼんやり視界に収めつつ次の行動に入っていきます

スポンサードリンク

自分の進路方向に突き進む

arrow-1443807_640

譲り合う状態になりそうな相手から視線を外したら

「己(おのれ)の道を進む」です笑

私はこちらを歩きますよという感じで、相手から目を話した状態で、自分の進行方向に突き進みます

するとどうでしょう?

あら不思議

これだけで道を譲り合う現象は回避されます

すげぇ

◆なぜ譲り合う現象を回避できるのか?

これは自分の進行方向を決めることで、相手がそれを避けてくれるので、譲り合う現象は回避されます

逆の立場で考えてみると、歩きスマホでスマホに夢中の人が向かいから歩いてきた場合

これはぶつかると危ないので、自分の進路を変えますよね?

こういった場合はすんなり歩くことができてしまいます

両方譲り合う状況をなくすだけで譲り合う現象は回避できます

まとめ

道を譲り合う現象を回避するポイントは

  1. 相手から目線を外すべし
  2. 自分の進路方向に突き進め

これで気まずい空気はおさらばです

皆様の健闘をお祈りいたします笑

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。