ゆうちょ銀行のキャッシュカードを作らない方法はあるのか?

当ブログでは、ゆうちょ関連の記事を幾つか投稿させていただいています。 ありがたいことに、沢山の方々からコメントを頂いており、ブログ運営の励みになっています。皆様ありがとうございます。

そんな中、ゆうちょの口座開設についての記事のコメントでこんなことを聞かれました。「通帳だけでいいんですが、キャッシュカードを作らない方法はありますか?」という質問でした。 この質問、過去に何件か頂いていたので、せっかくならと思って記事にしてみました。 

投稿者さんがなぜキャッシュカードを作りたくないと思っているのか質問してみたところ、大きく分けて2つの理由に分かられました。

  • キャッシュカード自体いらないと思っている
  • 家に届く(家族にバレる)のが嫌だ

この記事をご覧の皆様も、おそらくどちらかの理由ではないでしょうか?  

ゆうちょ銀行のキャッシュカードを作らない方法はあるのか?

結論としてゆうちょ銀行の口座開設時にキャッシュカードを作らないという手段はありません。 なぜかというと口座からお金を下ろしたり、入金したりする際に4桁の暗証番号を決める作業があります。 暗証番号がないとお金を下ろしたり、入金したりなどの作業ができません。 

この暗証番号のデータはキャッシュカードに記録されるため、キャッシュカードを絶対に作らないといけないという事になります。

ゆうちょ銀行のキャッシュカードがいらないと思っている方へ

キャッシュカードがいらないと思っている方は「通帳があれば問題ない」と思っている人が質問を通して多かったです。

ゆうちょ銀行は郵便局のATMであれば、通帳を利用することによって引き出しや送金などの作業を行うことができます。 郵便局の窓口でも印鑑と本人確認書類を提示することで引き出すことも可能です。

しかしコンビニATMを利用したい場合、通帳の取引ができない店舗がほとんどのため、キャッシュカードを使わずに取引できない可能性が高くなります。

なので、本当にキャッシュカードがいらないというのであれば、口座開設後に自宅に届くキャッシュカードを、シュレッダーなどで裁断して使用不可能にして、捨ててしまいましょう。

キャッシュカードを捨ててしまった後「やっぱりキャッシュカードが必要」と思った場合、再発行の手続きは、1件につき1,030円かかってしまいますので、本当に必要ないのかをよく考えてから行動してみてください。

 

カードが家に届く(家族にバレる)のが嫌だと思っている方へ

家族に内緒でゆうちょの口座を作りたいと思っている方が大半でした。 ゆうちょの口座開設後、キャッシュカードは郵送で自宅に届く流れになっています。

このキャッシュカードは自宅以外に届けることは不可能です。 キャッシュカードの郵送を局留めにしたり、その他の受け取り方法は、口座開設時に局員さんに相談しても対応してくれません。

なぜなら、「住所確認の意味」「口座の不正使用を防ぐ」ために、自宅以外の受け取りはできないようになっているからです。

バレない方法があるとすると、キャッシュカードはポスト投函ではなく受け渡しのため、不在の場合、不在票がポストに入れられます。 その不在票を持って郵便局に行くことで、家ではなく郵便局で受け取れます。 

しかし、不在票でバレる可能性もありますし、キャッシュカードの届く日時指定はできないため、現実的な方法ではないので正直なんとも言えません。

スポンサードリンク

ゆうちょ以外で家にカードが届かない、家族にバレずにカードを作れる銀行とは

最後にどうしてもゆうちょ銀行ではなくてはダメだ! という方以外に救済処置といたしまして、キャッシュカードを即日発行している銀行をご紹介いたします。

現状では即日発行の銀行は少ないですが、「三井住友銀行」の一部店舗でカードの即日発行ができるところがあります。

その他銀行でもキャッシュカードを即日発行できる銀行がありますので「キャッシュカード 即日発行できる銀行」と検索してみてください。

その場でキャッシュカードが手にできるため、誰にもバレることはなくこっそりと口座開設することができます。 

まとめ

◇ゆうちょ銀行のキャッシュカードを作らない方法はあるのか?

  1. キャッシュカードを作らない方法は存在しない
  2. カードが不要ならば家で保管か捨てる
  3. 郵送で送られてくるため家族にバレる可能性は高い
  4. 住所以外に送る方法も存在しない

家族にバレずにゆうちょ口座を作るのはできなさそうですね。とても残念です。 キャッシュカードはあって便利なものなので捨てずに持っておくことをおすすめ致します。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。