うなぎの蒲焼きを美味しくする温め方

暑い夏を乗り切るために、ウナギを食べて力をつけたい。お店で食べるとおいしいけどやっぱり高価ですし、お店に家族で行くのに時間を合わせるのが難しいなどがあり、スーパーで買ってきて家で食べる方も多いと思います。

スーパーで買うとお店で食べるよりお値打ちに食べられるのですが、普通に温めて食べるとべちゃっとした感じになってしまい本来のウナギの蒲焼きのおいしさを味わうことが難しいです。しかし、ひと手間加えることによって、ぐっとおいしくなりお店で食べるウナギと同じように食べることができます。今回は簡単においしく市販のうなぎを温めるコツを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

うなぎの蒲焼きを美味しくする温め方

うなぎを温め直す方法は以下を思い浮かべるはずです

  1. 電子レンジ
  2. オーブン
  3. フライパン
  4. 炭火焼き

どの方法でも美味しくできますので、お好きな方法でお試しください

うなぎの蒲焼き温め方 電子レンジ編

電子レンジでうなぎを温め直すメリットは、なにより「簡単、手軽」ということ 手間をかけずにぐっと美味しくできます ふわっとした食感がお好きな方におすすめです

●作業手順

  1. うなぎの全体をしっかりと洗う
  2. お皿に乗せラップをせずに20秒加熱
  3. その後日本酒をうなぎ全体に回しかける
  4. ラップをして40秒加熱する 
  5. タレをかけて完成

最初にうなぎの全体についているタレを流水で洗います。 うなぎを洗うのは抵抗あるかもしれません しかし最初からうなぎにかかっているタレは見栄えがするように塗っているため、味が悪いのです なので表面だけでなく裏面もキレイに洗い流します。

洗うポイントは「熱湯で洗う」こと 熱湯は沸騰するものではなく、蛇口からでるお湯(40度前後)でOK ボウルにお湯をためて、優しく洗うのがコツ こうすることで汚れが落ちやすくなる効果と、臭みを取る効果、うなぎの身が程よく柔らかくなる効果が期待できます。

うなぎがキレイに洗い終わったら、キッチンペーパーなどでキレイに水気を取り除きます。

そうしたらレンジ対応のお皿に、うなぎを皮面を下にしてのせて、ラップをせずに20秒ほど加熱します。 これによって、余分な水分を飛ばし、旨味がより感じられるようになります 加熱し終わったら、うなぎの表面に薄っすらと掛かる程度で日本酒をかけます。 日本酒をかけることで臭みを取ることができます。 うなぎの大きさによりますが、小さじ2杯くらいで十分です。 かけすぎるとベチャとなるので気持ち少なめで大丈夫です。 そしたらこんどはラップをしてレンジで40秒加熱します。

するとふわっとしたうなぎが出来上がります その後タレを絡めて出来上がりになります。

うなぎの蒲焼き温め方 オーブン編

オーブンでうなぎを温め直すメリットは、「カリッとした食感」が再現できるということ しっとりした食感より、カリッとした食感がお好きな方におすすめです。

●作業手順

  1. うなぎの全体をしっかり洗う
  2. 日本酒を軽くかける
  3. アルミホイルを敷いて加熱する
  4. タレを絡めて完成

レンジ同様、うなぎ全体についているタレをお湯で洗い流します その後水気をキッチンペーパーなどでしっかりと拭きます そしてアルミホイルを敷いて加熱していきます ポイントはアルミホイルにくっつかない程度に油を薄く塗っておくことです。

アルミホイルの上にウナギをのせたら、小さじ1杯ほどの日本酒をまぶします これでより臭みを取り除くことができます その後オーブントースターで5分ほど焼いていきます。 片面5分でも美味しいですが、先に皮面を3分間、取り出して表面を3分間加熱すると、ムラなくより美味しくなります。

その後タレを全体にまぶして、1分ほど焼いて完成です。これで皮もパリッとし、ふっくらいい香りのするうなぎの蒲焼きが完成となります。 好みに合わせて加熱時間を調節することによって香ばしさを調節できるのがいいですね

スポンサードリンク

うなぎの蒲焼き温め方 フライパン編

フライパンでうなぎを温め直すメリットは、「一気に調理できる」こと 1人前でなく、複数調理する場合まとめて調理できるので、量をたくさん作りたい方におすすめです

●作業手順

  1. うなぎ全体をしっかりと洗う
  2. フライパンに油をひく
  3. 両面加熱する
  4. タレを絡めて完成

レンジ、オーブン同様、うなぎ全体についているタレをお湯で洗い流します その後水気をキッチンペーパーなどでしっかりと拭きます 次にフライパンの大きさに合わせて鰻を切っておきます

そうしたらフライパンを用意して多めの油をひいていきます(大さじ3程度) 油を引いたら、強火でフライパンの温度を上げていきます 40秒ほどしたら、水気を切っておいたうなぎを皮面を上にして30秒焼いていきます この時蒸発して蒸気がでるのでやけどに注意です

焼き目がついてきたら、皮面を30秒ほど焼いたらフライパンから取り出し、キッチンペーパーなどで余分な油を取ったら完成 後はタレを絡めてお召し上がりください

うなぎの蒲焼き温め方 炭火編

最後に炭火を使った温め方をご紹介します 炭火でうなぎを温め直すメリットは、「本格的な味」を再現できること 手間はかなりかかりますが、格段に美味しい蒲焼きが出来上がります

●作業手順

  1. 七輪などで炭を起こす
  2. うなぎ全体をしっかり洗う
  3. うなぎを串にさす
  4. 網を使わず直火で焼く
  5. タレを絡めて完成

まず七輪などで炭を起こします そしてうなぎの全体についているタレを流水で洗います。洗うポイントは「熱湯で洗う」こと 熱湯は沸騰するものではなく、蛇口からでるお湯(40度前後)でOK ボウルにお湯をためて、優しく洗うのがコツ こうすることで汚れが落ちやすくなる効果と、臭みを取る効果、うなぎの身が程よく柔らかくなる効果、焦げを予防できる効果が期待できます。

うなぎを洗い終わったら、うなぎを串に刺していきます。 網で焼きたい気持ちはわかります しかし網で焼いてしまうとフライパンで焼いたような仕上がりになってしまうため、せっかく炭火で焼く意味がなくなってしまいます なので金串を使って直火で焼いていきます 串は意外と安く、ホームセンターなどで5本で500円も出せばお釣りがでる値段で購入できます。

串の刺し方はテクニックが必要ですので、以下を参照ください

後はじっくり焼き色を見ながら焼いていくだけです 串が熱くなるので軍手などをして作業してください これでひと味もふた味も違ったうなぎを味わうことができます

いかがだったでしょうか? 市販のうなぎでも、温め直しかたと調理器具を工夫することで、美味しく調理することができます 市販のうなぎを購入される際はお試しください

まとめ

うなぎの蒲焼き温め方

  • 市販のうなぎは熱湯でよく洗うべし
  • 臭みを取るには日本酒で
  • 簡単調理は電子レンジ
  • さっくっとした食感はオーブン
  • 一気に調理はフライパン
  • お店の味は炭火焼きで

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。