甲子園の土はどこの土を使っている?

甲子園の土はどこの土を使っている?

夏といえば高校野球
高校野球といえば甲子園!
毎年甲子園は楽しみにしています

今回は野球とは視点を変えて…
甲子園の土について注目してみました!

image

甲子園の土は他とは別格…
調べるほどに感動すら覚えました
熱意が違いました

ということで今回は
「甲子園の土」について徹底的に紹介します!

スポンサードリンク

甲子園の土は何が違う?

土なんてどこも一緒でしょ(-。-;

そう思っていました…
しかし甲子園は土のこだわりが桁違いです

甲子園の土のこだわり

甲子園の土は“黒土”
公式の情報によれば土の産地は

岡山県日本原
三重県鈴鹿市
鹿児島県鹿屋
大分県大野郡三重町
鳥取県大山 などの土をブレンドしているそう

ここまでやっているのは甲子園だけだとか

毎年配合が変わるそうなので
一度として同じ土はありません

そして土の産地だけでなく
黒土と砂の配合を季節に合わせて変えているそうです

春ころは雨が多いため砂を多めに
夏はボールを見やすくするために黒土を多くしている
との徹底ぶり

土の質が悪いとバウンドが急に変わるので
そのリスクが最小限にされているというわけです

土の硬さは選手に大きな影響があります
硬いとボールがはねすぎる、走塁時にケガをする恐れがある
柔らかすぎるとボールがはねず、体に負担がかかりやすい

甲子園の土は
適度な硬さをその季節、その日の天候
すべての条件を考慮した上で
最高の状態にあるということです!

常に”プレイヤー目線”での気づかい
とても素晴らしいと思います

甲子園を陰で支える人たち

そんな環境を常に提供できているのも
“グラウンドキーパーさん”のおかげ
表舞台にはあまり出てきませんが
この方々のおかげで甲子園があるといってもいいでしょう

毎回ていねいにグラウンドの整備をしてくれる方々です
5回裏終了時に整備をしてくれている人たちです

簡単そうにやっていますが 自分がやるとなるとかなり難しいです

そんな環境で野球ができるので
高校野球は甲子園を目指すんですね
そのグラウンドに立てるだけで幸せでしょうね
選手たちはこのことを感じて欲しいです

甲子園で負けた選手が
土を持って帰るという場面があります

なぜ土なんかを持って帰るのだろうか?
と疑問でしたが今回調べてわかりました

最高な環境で戦えた喜び
それを支えてくれている人の
努力の結晶が”土”なわけです

すべての思いがこもっている行動が
あの土を持って帰るという行為なんだと思います

今年は試合はもちろんですが
甲子園を裏で支えている方々も
少し注目してもらいたいものです

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。