修学旅行ってなんであるの? 行う理由とは

修学旅行ってなんであるの?

みなさんは学生でしょうか?
僕自身は社会人で学生ではないのですが
友達と飲みに行ったりするときは必ずと言っていいほど学生時代の話で盛り上がります

学生時代は思い出がいっぱいでした
部活の話、体育祭の話、恋愛、修学旅行…
そんなたわいもない会話をしているときに1人の友達がポロっと発言しました
「修学旅行ってなんであるのかな?」

そういえば考えたことなかったな …
誰ひとり答えは出ずその会は終わりました

そんな考えたこともなかった「修学旅行の意味」を調べてみました!

スポンサードリンク

修学旅行は始まりはいつ?

日本の修学旅行の始まりは1882年(明治15年)に栃木県第一中学校の生徒たちが教員に引率され、東京の上野で開かれた「第二回勧業博覧会」を見学したことが始まりと言われているそうです

修学旅行はなぜあるの?

image

一見ただの旅行だろ?なんて考えてしまいますがいろいろな意味合いがありました

・集団行動を学ぶ
学校での集団行動は破ったら怒られるだけ しかし修学旅行ではバスの時間、飛行機の時間など「自分が遅れたら迷惑になる」 という気持ちをリアルに持たすことができます 人を思いやる気持ちを学べるのでしょう

・人間関係の構築
これは学校側の勝手な期待ですが 修学旅行を通して友達の見えなかったいいところを探してもっといい関係になりましょうというもの 大人の勝手な期待ですが…

・新しい文化、環境を知る
新しい刺激を受けるのは貴重な経験です 普段感じられない感情や考え方を見つけることができるのでいい経験になります

・思い出作り
これがメインかもしれません笑 全てひっくるめて最後に楽しかったねと笑える そんな修学旅行になればやった意味があるのだと思います

最後に…

個人的な意見ですが修学旅行に行く前に先生が親への感謝を教えるべきだと思います この歳になって修学旅行の費用の大きさにびっくりしています 修学旅行は当たり前に行けるものだと勘違いしている子どももいると思うので、先生が生徒に親への感謝を伝えてほしいと思っています

スポンサードリンク

修学旅行といえばどこに行く? 昔と今を比較してみた!

修学旅行といえばどこを思い出しますか? 地域で異なると思いますが京都、奈良あたりでしょうか?
それでは地域や年代で変わってきていますので修学旅行歴史を振り返ってみましょう!

【1970~1980年頃 】

このころの特徴は「鉄道」

image

移動手段がほぼ鉄道で修学旅行列車と呼ばれる修学旅行専用の列車もあったそうです 寝台列車をイメージしてもらえばいいかと思います 長い時間列車に揺られながら旅行をする なんかいいですね

すぐに着かないワクワク感があって楽しそうですね 今では味わえない良さがあります

このころの人気スポットは東京の上野動物園にパンダが誕生して人気だったり東京タワーも人気だったそうです

【1990〜2000年頃】

交通網が発達して飛行機、新幹線での移動も多くなってきました なので地方の学校でもわりと遠出がしやすくなってきました

このころの人気スポットは 東京ディズニーランド

image

今でこそ遊園地やテーマパークがあちらこちらにありますが ディズニーランドが出来た当初はすごかったらしいです 修学旅行で行けるのは夢のようですね

【現代〜】

現代は国内のみならず韓国やハワイなど単なる旅行になっています笑

image

なので全国に人気スポットがあるので学校も選ぶのが大変らしいです

時代によって結構変わるものですね
個人的な体験で言いますと僕は北海道出身で 中学校は「函館」、高校は「広島・京都・大阪」でした

人生で数回しかない修学旅行 大切にしてくださいね

スポンサードリンク

『修学旅行ってなんであるの? 行う理由とは』へのコメント

  1. 名前:ななしのごんべ 投稿日:2016/05/29(日) 17:18:14 ID:3ebbf086a

    わかりやすいです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。