賞味期限の切れた粉末のスポーツドリンクは飲めるのか?

つい最近、キッチンの下の棚を掃除しました すると奥の方からかなり前の「粉末タイプのスポーツドリンク」が出てきました。 夏が過ぎるとめっきり飲む機会が少なくなって、どこの家庭もあまりがちかと思います。 賞味期限を確認してみると予想通り期限が切れていました 粉のスポーツドリンクの賞味期限は長いですが、数年眠っていたので飲めるか気になってしまいました。 

捨てるのはもったいないしチャレンジの意味を込めて、賞味期限切れではありましたが飲んでみることにしました。万が一お腹を壊すのは自分だけなので思い切って挑戦。 すると個人的な感想になりますが、味に変化は感じられず、美味しく飲みきってしまいました笑 

そんな経験から「賞味期限が切れた粉のスポーツドリンクは飲めるのか?」を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

賞味期限の切れた粉末のスポーツドリンクは飲めるのか?

粉末タイプのスポーツドリンクの賞味期限はどれも1年6か月 そして消費期限は2年

賞味期限とは“期限内であれば美味しく食べることができる期間” つまり美味しさが保証されている期間で 消費期限とは“開封していない状態で、保存方法を守って保存したときに、食べても安全な期限”になります。

つまり万が一賞味期限が切れていたとしても、味に多少の変化はあるかもしれないけれど、安心して食べることができます。 逆に消費期限が切れていると安全ではなくなり、捨てるしかないのでしょうか?

粉末のスポーツドリンクの中身について

粉末タイプのスポーツドリンクの場合、牛乳やお肉などの生鮮食品とは違う点は以下の通り

  • 外的影響が受けにくい
  • 内容物自体の劣化がしづらい

粉末の袋は密封されているため、湿気や害虫などの影響は受けにくいです そして袋の内容物の成分は以下の通りで

粉末のポカリスエットの原材料

砂糖、ぶどう糖、粉末果汁、デキストリン、食塩、酸味料、ビタミンC、塩化K、調味料(アミノ酸)、乳酸Ca、香料、炭酸Mg

引用:https://www.otsuka.co.jp/faq/customer/nutrition/drink/

これらは酸化や腐ったりすることは少なく、長期保存がしやすい用になっています。 このため消費期限が切れたからといって、直ぐに飲めなくなるわけではありません 

スポンサードリンク

消費期限が切れた粉末のスポーツドリンクを飲む前に

それでは消費期限が切れた粉末のスポーツドリンクを飲もうと思われている方へ これは“消費期限を切れたものは飲めますよ”とおすすめするものではありません 実際に飲む際は自己責任でお願い致します。

まず確認してほしいのは以下の通り

  1. 保存状態
  2. 見た目の変化
  3. 匂いの変化
  4. 味の変化

少しでも違和感を感じられた場合、飲まないことをおすすめします。

まず始めに「保存状態」 一度開封しているものや、袋に穴が開いていている場合、日光や湿気の影響を受けやすい場所で保存していたなどの場合などの、正しく保存されていなかった場合は飲むのを避けたほうが良いと思います。

そして「見た目の変化」 粉末が場合によって色が変わっていることがあります。 黄色みがかったり、黒みがかっている事があります。 経過した日数や、保存状態によって中身の変化は異なります。 

次に「匂いの変化」 匂いを嗅いでみてツンとした匂いがしないことを確認します。 少しでも違和感を感じられた場合は破棄してしまったほうが懸命です。

最後に「味の変化」 実際に水に溶かして、少量飲んでみます。 見た目や匂いに違和感を感じなかったとしても、明らかに味が悪い場合もあります。 一度に大量に飲んでしまうと、お腹を壊したりするかもしれませんので、少量で試してみてください。

それでも問題なく飲めた場合は、長期保存はせず、直ぐに飲みきるようにしましょう。 私の場合、幸いなことに体に異変は特にありませんでしたが、試される場合は以上のことを充分注意して飲むようにしてください。

まとめ

賞味期限の切れた粉末のスポーツドリンクは飲めるのか?

  1. 賞味期限が切れていても飲むことは可能
  2. 消費期限が切れている場合は注意が必要
  3. 意外と飲めると個人的には思う

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。