専門学校に落ちるって本当?

進路について悩むとき 就職や大学進学の他に「専門学校」に進学するというケースも有ります 大学と違って入学のハードルが低いと思いがちの専門学校

そんな専門学校ですが、「専門学校を落ちてまう」という事例聞いたことありますでしょうか? なんとなく専門学校は落ちないイメージを持っていましたが、落ちてしまうケースはあるのか調べてみました

スポンサードリンク

専門学校は落ちないって本当?

まず専門学校に入るための「必要な資格」をご紹介します、これに該当しなければ専門学校を受けれない可能性がありますのでご確認下さい

専門学校の種類は大きく分けて2種類

  1. 高等専修学校
  2. 2年制の専門学校(一部は3年制) と分類されるみたいです

高等専修学校への入学資格は中卒でも可能で、高卒の資格を取得するには学部によって様々ですが、高等課程の3年制を卒業すれば資格が取得できます

専門学校の入学資格は主に高校卒業された方に対象 専門的なスキルを向上するための学校なのである程度の学力は必要 上記を満たしていればスタートラインに立てたという感じ

専門学校 入学のパターン

専門学校に入学するには学校によって様々ですが主に3パターンで

  1. 一般入学 
  2. 推薦入学 
  3. AO入学 主に小論文など

一般入学は書類選考、学科試験、面接試験あり、推薦入学は、主に書類選考、面接試験、小論文など AO入学は主に小論文などを行う学校がほとんど

この条件にクリアできれば見事合格なわけですが大学入試とは違って、専門学校の入試は「基礎学力」を問う問題がほとんど 合格点などは基本的になく、どの程度できるか判断する感じなのでできるに越したことはありませんが、あまり重要視はされていません

そして面接試験も簡単なものが多く、よっぽどでなければ落とされることはないでしょう

なので専門学校は入学資格があればほぼ受かるといっていいでしょう しかし問題なのが「人気の高い専門学校」学校には応募人数の枠が決まっています 人気の学校(特に看護系など)では早くに埋まってしまう可能性があります そうなるとやはり「学科試験」の優秀な人や、「面接」でいい感じの人を優先的にとるはずです

学校のHPに入試の倍率が掲載されているところは、人気の高い学校となるのでぜひ確認してみてください なので人気のある専門学校に限っては「落ちる可能性がある」と心得たほうがよさそうです

基本的に専門学校は落ちることはないと思ってもらってもいいでしょう 
しっかり手続きを早めに済ませればOK 学校説明会などに参加すると優位に進めるでしょう
早め早めに進路を決めることが大切になってきます

専門学校に落ちた事例

専門学校も場合によっては落ちてしまうということがわかりました そんな専門学校に落ちてしまった人の共通点があります それは「専門学校は落ちないと思っていた」と準備を怠り、油断していたということです

確実に受かるというならばなにも準備せず適当に試験をこなしてしまいます その結果残念な結果になりそこから焦っても時すでに遅し という結果になってしまいます 確かに専門学校はほぼ落ちません しかし人気の高い(定員以上に応募がある)学校に限っては、ちゃんと選別が行われます なので最低限の学力と、面接試験がとても重要になるということになります 

面接は特に重要で「なんとなく来ました」みたいな心構えで受けてしまうと、落ちてしまう可能性が高くなります なので大学受験をするくらいの心構えで面接練習をしっかりとして「なぜその学校を受けたのか」という理由をしっかり考えて対策して下さい

スポンサードリンク

専門学校に落ちないためには?

最後に専門学校に落ちないようにするための方法を紹介します

  1. 学校説明会に行く
  2. 早めに出願をする
  3. 面接練習はしっかり取り組む

やはり早めに進路を決定しておくことが大切です 専門学校の一般入試は大体10月からスタートされます その前から進路を決め学校を決定しておくとスムーズです 学校説明会に行くことで学校推薦が受けられるようになったり、なんらかの特典がある学校がほとんどなので、学校説明会は行って損はないでしょう

専門学校は椅子取りゲームのようなもので、早い出願者から決まっていくことも事実 早い=学校に興味がある と認識されやすいので出願は早ければ早いほどいいでしょう

最後に面接練習 面接練習で合否が左右される可能性がある非常に大事なもの 熱意をしっかりと伝えられるように練習しておきましょう

まとめ

専門学校は落ちる?

  • 専門学校はほぼ落ちない
  • 出願者の多い所は落ちる可能性がある
  • なるべく早い行動を心がける
  • 面接練習は必至

心構えとして「絶対に落ちない」と考えず「落ちるかもしれない」と考えて、しっかり対策をしておきましょう

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。