山菜の天ぷらをカラッと揚げるコツ!

山菜の天ぷらをカラッと揚げるコツ!

皆さん天ぷらはお好きでしょうかか? 私は大好きです そして特に好きな天ぷらは「山菜」 親が山菜が好きで昔から食べていました 個人的にはたらの芽が好きです 山菜ってなんであんなに美味しいんでしょうか?無性に食べたくなるというかクセになるというか 大人の味ですね

そんな山菜をもっと美味しく頂くための大事なポイントは天ぷらの揚げかた」

お店みたいに上手にカラッと揚がっていれば美味しさ倍増ですよね 少しの手間で数倍美味しくなりますので カラッと揚げるコツをご紹介します

スポンサードリンク

山菜の天ぷらをカラッと揚げるコツ

image

まず最初にカラッとした天ぷらにならない失敗パターンを踏まえてから説明させてもらいます

天ぷらがカラッと揚がらないパターン

  1. 揚げる温度が低い
  2. 衣が粘っぽい
  3. 油の量が少ない

このポイントを気をつければカラッと揚げることができます

カラッと揚げるコツは「温度」と「水分量」にあります カラッとさせるには衣内の水分が抜けることによりカラッとした触感になります なので高温で衣の中の水分を飛ばすイメージで揚げるとうまくいくと思います 

油の量は食材を入れた時に温度が低くなりやすいので、多めがいいで油の温度が高くなってから入れましょう あとは衣の分量 これが意外と難しいので、失敗しない衣の分量をご紹介します

カラッと揚がる衣の黄金比率

  • 薄力粉 1カップ
  • 卵(卵黄のみ) 1個
  • 冷水 1カップ

卵黄と冷水(氷水がベスト)をボールにいれて粉を入れます そしてざっくりと混ぜます
混ぜすぎないように注意しましょう そしてよく洗って水気を切った山菜をくぐらせます

次に油 油の量は少なくても問題ありませんが、ある程度深さがあることが重要です 山菜が底につかないくらいの量がベストです 油を多く使用しますのでもったいないと思うかもしれませんがカラッと揚げるためには重要になります 

そして山菜をカラッと揚げる油の温度は180℃ 目安としては入れていったん沈むけどすぐに浮いてくる程度 箸から細かい泡がでるぐらいです

そしてポイントとしては「具材を一気に入れない」こと たくさん入れると油の温度が下がってしまいます 少しづつ欲張らず、温度を調節しながら揚げていきましょう 最後にしっかりと余分な油を落とせば完成

カラッとした山菜の天ぷらの完成です これでカラッと揚げることができます ぜひお試しあれ!

スポンサードリンク

【裏技】簡単にカラッと揚げる方法

やはり簡単にしかも美味しくできる方法があれば 知りたいものです 楽したいですもんね

皆さんの冷蔵庫にある◯◯を衣にいれることで 簡単にカラッと揚げる方法があります 興味があればぜひお試しを

その◯◯とは…

「マヨネーズ」

image

卵黄の代わりに大さじ1のマヨネーズをぶち込みます それだけでなんとカラッと揚がってしまいます

なぜ?

天ぷらがベチャっとなる原因の1つ「衣の水分量」油の温度が低かったりすると衣に水分が残るためカラッとなりません

しかしマヨネーズを加えると、衣の中の水分を残さずに揚げることができカラッと揚がりやすいです 油ぽくなるのでは?と思われるかもしれませんが、熱でマヨネーズの水分が抜けて味は全くしません

まとめ

山菜をカラッと揚げる方法

  1. 油を多く使う
  2. 油の温度を高くする
  3. 衣の分量をしっかり計る
  4. 食材を一気にいれない

これで美味しい天ぷらの完成です

スポンサードリンク

『山菜の天ぷらをカラッと揚げるコツ!』へのコメント

  1. 名前:夜久文雄 投稿日:2016/02/02(火) 02:41:23 ID:16612fa4a

    大変参考になりました

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。