郵便局 定形外の送り方を超簡単に解説してみた!

郵便局の”HPわかりづらい件”

シンプルでいいのですが、もっと深掘りしほしいなんて思う今日このごろ

共感してくれる方募集中です笑

そして本日の本題は「郵便局の定形外郵便物」

私自身、オークションの発送の際にとてもお世話になりました

この記事はこんな方におすすめです

  • 定形外の発送の流れ
  • どんなものの発送に定形外がむいているのか?
  • 他の発送方法との比較

まだ定形外を利用したことがない方はぜひ御覧ください

スポンサードリンク

郵便局 定形外の送り方

46eeee83100d6a1838a306cdbf998716_s

定形外で発送するにあたって重さとサイズに規定があります

その範囲内でなければ発送できませんので注意が必要です

まず重さは4kg以内であればOK

後ほど解説しますが定形外の発送は

重さで料金が変わるため軽いものの発送に向いています

そしてサイズ

最大のサイズが縦、横、高さの合計が90cm以内

一番長い辺が60cm以内であればOK

pic_one_size_02

そして意外に忘れがちなのが最小サイズ

小さすぎても送れないのでご注意を

最小サイズは14cm×9cmで厚み1cm以上は送ることができません

この14cm×9cmのサイズであれば定形外ではなく

定形郵便物での発送のほうが安くすみます

なので小さすぎず、大きすぎないように梱包をして下さい

サイズや重さを規定を超えてしまうと

発送ができないので梱包の際は注意して下さい

◆大きいサイズのものを送るには?

定形外発送に向いているモノ

定形外で発送に向いているものは

  • 安価なもの
  • 比較的小さなもの
  • 軽いもの

定形外郵便は、破損、汚損、紛失の補償がない

荷物追跡ができない

日時、時間指定ができないのがデメリット

万が一発送事故が合った場合 面倒になるので

高額なものの発送は避けたほうが無難です

さらに日にちや時間指定ができませんので

早めの発送を希望される方は避けたほうが良いでしょう

一方で重量で料金が決まりますし

全国送料一律というのも魅力の一つ

定形外での発送はよくよく考えて賢く利用してみましょう

定形外の発送の流れ

重さとサイズを確認していただきました

そして梱包して発送

梱包はダンボールでも紙袋でもビニールでもOK

後は「宛名」を書いて郵便局に持っていくだけなんですが

ゆうパックのように専用の宛名を書く用紙はありません

梱包に直に書いてもOKですし

別の紙に書いて貼るのもいいでしょう

郵便局に行く前に貼って持って行きましょう

宛名は以下を書いておけばよいでしょう

  • お届け先の郵便番号
  • お届け先の住所
  • 受け取り手の名前
  • 自分の住所
  • 自分の住所
  • 自分の名前

相手の住所や名前は必ず記入しないといけませんが

自分の名前や住所を書かなくても送ることは可能だそうです

宛名を書くのに迷われた場合

以下の画像をコピーしてお使いください

シンプルで使いやすいと思います

atesaki-label-300x258

宛名を書いたら郵便局に持っていけばOKです

この定形外の発送はポストに入るサイズであれば

重量を量ってその金額分の切手を貼れば

ポストからでも送ることが可能です

面倒であれば直接郵便局に行ったほうが楽ですけどね笑

◆郵便局意外で切手を買う方法

他の発送方法との比較

最後に他の発送方法と比較していきましょう

今回は郵便局の発送方法である

「ゆうパック」「ゆうメール」と比較してみましょう

  定形外 ゆうパック ゆうメール
料金 安い 高め 安い
日時指定 × ○(オプション)
保証 ×
荷物追跡 ×
ポスト投函 ×
代引 × ○(オプション)
着払い × ○(オプション)
速達 × ○(オプション)

他のと比べて定形外での発送は融通は効きにくいですね

まとめ

定形外の最大のメリットは「小さいものを安く発送できる」という点

デメリットは

  • 日時指定できない
  • 荷物追跡ができない
  • 保証がない

なので高額なものや、オークションなどでの利用は気を使ったほうが良さそうです

いかがだったでしょうか?

定形外を利用される際は、割りきった使い方が必要そうですね

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。