大阪桐蔭は甲子園常連でなぜ強いのか?

大阪桐蔭は甲子園常連でなぜ強いのか?

◆後で見たくなるであろう記事

甲子園の土はどこの土を使っている?

高校野球 甲子園のチケットの買い方を紹介

高校野球 甲子園シーズン真っ盛り!

image

毎日楽しくて仕方ありません!
毎年ドラマがあってとても楽しいです
毎年楽しみにされている方が多いと思います

いつものごとく甲子園を見ていると
ふと思いました…

「甲子園で毎年 大阪桐蔭って見るよな」

さすがに毎年ではありませんが
大阪桐蔭=甲子園常連というイメージが強いです

なぜ大阪桐蔭は高校野球が強いのでしょう?
そぼくな疑問を持ちました

今回は大阪桐蔭の甲子園常連のヒミツを紹介していきます!

スポンサードリンク

〜大阪桐蔭の歴史〜

image

それではまず気になることをあげてみました!

  • 甲子園に何回出場しているの?
  • プロ野球で活躍されている選手は?
  • 強さのヒミツは?

それでは行ってみましょう!

大阪桐蔭 甲子園の経歴(2015年夏まで)

1983創立の私立校 野球部は88年創部

春の甲子園 出場7回 15勝6敗 優勝1回
夏の甲子園 出場5回 31勝3敗 優勝5回

意外と最近の創部なんですね
印象通りでやはり強い!
結果を出していますね

プロ野球で活躍されている大阪桐蔭出身選手

過去29名輩出

【主な現役選手】

中村剛也 – 西武
岩田稔 – 阪神
西岡剛 – 阪神
平田良介 – 中日
中田翔 – 日本ハム
浅村栄斗 – 西武
藤浪晋太郎 – 阪神
森友哉 – 西武 など

創部は最近ですが多くの選手を輩出していますね
やはり強打者が多いイメージですね
4番バッターが多いですね

スポンサードリンク

大阪桐蔭の強さのヒミツは?

なぜ大阪桐蔭は甲子園の強豪校と
呼ばれるくらい強いのでしょうか?
その理由を探ってみましょう!

1.学校のサポート

image

大阪桐蔭に入学するには2パターンあります
入試で入るⅠ類・Ⅱ類(進学コース)
スカウトでしか入れないⅢ類(スポーツ・吹奏楽コース)

Ⅲ類は部活主体の学校生活で
部活が授業の単位に組み込まれているため
普通の授業時間にも部活を行えるそうです!

それは強いわけだ笑

なので野球に没頭できる環境が
強さのヒミツかもしれません
その代わりお金はもの凄いとか笑

野球部はほぼ全員が寮生活
練習環境も専用グランドなど充実
そして携帯電話の所持も禁止という徹底ぶり
そもそも練習場は山奥のため圏外といいますが

2.練習メニュー

image

これはある日の練習メニューだそうです

ウォーミングアップ

約4キロのタイム走

守備練習

1回目のロングティー(30スイング×10セット)

山間部で約1時間半の坂道ダッシュや階段上り

グランドに戻って約2時間のフリー打撃と強化トレーニング

最後に再び同様のロングティー

文字で見るだけでツラさが伝わってきます…
そして休みはなし!
こんなのを毎日とは…
凄まじいですね

他にもいろいろな理由があると思います
監督の指導力だったり
スカウト力だったり
資金力だったり…

しかし一番の秘訣はなんでしょうか?

僕は「伝統」だと思います

一生懸命頑張って毎日野球のことしか考えず
練習に明け暮れた選手たち

先輩が残してくれた伝統を守るために
必死に毎日練習しています
本当にカッコイイです 素敵です

伝統は1年や2年では創れません
本気で野球に向かっているからこそ
守られるもの、受け継がれるもの

ここが大阪桐蔭の1番の強みかもしれませんね

いかがでしたか?
大阪桐蔭の強さのヒミツがわかりましたか?
思っていたより凄かったですね

前より高校野球が好きになった気がします
もっとより多くの学校も知りたくなりました

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。