ローストビーフ 生焼けで食べても大丈夫なのか?

最近なにかと注目されている食べ物

「ローストビーフ」

c4d3c0c4cbde624f79ce903e8d724964_s

独特の触感と牛肉の旨味が感じられる料理

最近では専門店や居酒屋、そして家庭でも意外と簡単に作れると人気が爆発しています

そんな身近になったローストビーフですが

  • 中までちゃんと火が通っているのか
  • 食中毒などの“菌”は大丈夫なのか
  • お腹を壊したりしないか

などと警戒する声も意外と多いです

自分で作る方はかなり気になる方も多いと思います

今回はそんな“ローストビーフの生焼け問題”についてご紹介したいと思います

スポンサードリンク

ローストビーフの生焼けについて

ローストビーフ 生焼け

ローストビーフの生焼けが気になるパターンは以下のとおりかと推測します

  • お店で出されたお肉が生焼けかもしれない
  • 自分で調理したが生焼けだった
  • 生食用ではないお肉で調理した

なぜ皆さんが生焼けを気にするかというと

おそらく「食中毒」かなと思います

生焼けで食べても大丈夫なのか?と不安になる方が多いのだと思います

そんな悩みや不安をサッパリさせましょう

生焼けを食べると食中毒になるのか?

生肉の危険性といえば「食中毒」

生肉がお好きな人も多い反面

数年前、牛肉のユッケの食中毒で死亡するという痛ましいニュースがあり

生肉を食べる怖さを考えさせられました

そんな中ローストビーフは生焼けは危険なのでしょうか?

その原因は「お肉の菌」の違いを知ることで解消されます

まずは牛肉について知っていきましょう

鶏肉や豚肉はしっかりと火を通さないと危険という認識がされています

なぜかと言うと「鶏肉」は、鶏肉の処理過程で、鳥の消化管に含まれる「カンピロバクター」が肉に付着することが多いそうです

しかも肉の表面だけではなく、内部にも菌がいるので鶏肉はそもそも生食には向いていません

「豚肉」には危険な寄生虫が肉の中にいるので、生食には向いていません

鶏肉、豚肉はしっかり火を通すことによっておいしく頂けるお肉ということです

それでは牛肉はどうでしょう?

牛肉は鶏肉、豚肉とは違いお肉の中に寄生虫はいませんし

食中毒などの菌はお肉の表面にだけ付着します

なのでステーキなど表面は焼いて中はレア状態で食べても問題はないということになります

しかしひき肉など細切れ肉の場合、表面にだけ付いている菌が、肉が細かくなることで表面以外にも付着するので、ひき肉や成型肉の場合は中まで火を通す必要があります

今回はローストビーフなので、中身が生で赤い状態だったとしてもしっかり表面を熱処理することで食中毒の菌を死滅させることができます

確実に牛肉の表面の菌を死滅させる方法

食中毒菌は主に75℃以上1分間の加熱でほぼ死滅します

なので自分で作る際は牛肉を表面をきっちり焼いてから作る必要があります

目安は表面に焼き目が付けば問題無いでしょう

あとは1分間きっちり焼きましょう

焼く以外にも熱湯などできちんと表面を加熱することで菌を死滅させることができます

なのでお店などで出てくるローストビーフは、ちゃんと熱処理されています

「表面が焼かれていない」と思っても、しっかり熱処理されていますのでご安心下さい

ローストビーフの食中毒対策はよく表面を焼くことです

あとは中が赤く生だったとしても、表面をよく焼いていれば問題ないということになります

スポンサードリンク

ローストビーフが残った場合の保存方法

93a442db7900acef61fa562b295adb07_s

ローストビーフを作ったり、もらったりした場合 できるだけ早く召し上がることをおすすめします

◆早めに召し上がる場合

なのでできるだけ安全な状態で保存するには「冷蔵」「空気になるべく触れさせない」ことが長持ちさせるポイント

まず汁気をキッチンペーパーなどできっちり拭き取ってから、ラップで空気が入らないよう密封します

もし切った状態だった場合、ジップロックなどに入れ、袋の空気をストローなどで抜き取って空気を出来るだけ出した状態で保存しましょう

汁気と空気が菌にとって大好物なので、できるだけ取り除きましょう

◆長期間保存した場合

多く作ってしまった場合などは「冷凍保存」をおすすめします

先ほどの保存方法で冷凍していただくだけです

冷凍保存のデメリットとして、解凍が難しいということ

美味しい状態で復活しづらいので、違う料理にリメイクするのもありかもしれません

まとめ

ローストビーフは生焼けだったとしても、表面の熱処理をしっかりしていれば生食用のお肉でなくても大丈夫です

見た目が赤かったり、血が出ていると少し不安になりますが

熱処理をしっかりされていれば食べても問題ありません

調理される際は、少し気にかけてみてください

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。