妊娠米は本当に効果があるのか?

ここ数年人気が急上昇している「フリマアプリ」 人気なのは“メルカリ”で1日の出品数も50万品以上でCMなども注目を集めています 不良品スマホ1つで簡単に売れる手軽さが人気ですが、最近メルカリで注目されている物がある

それが「妊娠米」というもの 妊娠米とはスーパーで売っているものではなく、妊婦さんのお腹に擦りつけた(妊娠菌の着いた)お米で、それを食べると妊娠しやすくなると話題になっています

メルカリで「妊娠米」の検索結果

そんな妊娠米は本当に効果があるものなのか? 色々調べた結果です 御覧ください

スポンサードリンク

妊娠米の効果について

妊娠菌が着いたお米=妊娠米と呼ばれています つまり「妊娠菌」というものが実在するのかを調べると本当に効果があるのか解決します 妊婦さんには妊娠菌というものが存在するのでしょうか?

妊娠菌とは

結論から言うと妊娠菌という菌は実在せず「妊婦さんのお腹を触ると妊娠しやすくなる」というジンクスから連鎖するという意味から妊娠菌と言われるようになったそうです 

妊婦さんのお腹に妊娠を促すような物質が出るということは、医学的な根拠はなく 迷信のようなものです なので残念ながら妊娠米を食べたからと言って、妊娠しやすくなるということはありません 妊娠金が本当であれば、女性の産婦人科の先生が一番妊娠しやすいはずですが、そういう事例も聞いたことないですもんね

なぜ妊娠米が広まっているのか?

医学的な根拠のない「妊娠米」 それではなぜ今になって流行っているのでしょうか?

その原因とされているのが「不妊症」の増加 赤ちゃんがなかなか授かれないと悩まれている女性が年々増加している現状があります 実は日本は世界に比べると不妊症の割合が高い国なんです その理由は晩婚化 日本の女性の平均初婚年齢は現在で約30歳 最も妊娠しやすい年齢が20歳前後なので、年齢が高くなるに連れて妊娠する可能性が下がってきてしまいます

不妊治療は自治体で助成制度などがあったりと、サポートが受けやすい環境になってきています それでもなかなか赤ちゃんを授かることができない人もいる現実 ワラをもつかむ思いで妊娠米を購入される方も意外と多いそうです

スポンサードリンク

妊娠米の販売者は悪質?

妊娠米は一合で約600円前後 医学的に根拠の無いものを販売して、お小遣い稼ぎをしている出品者がいらっしゃいます

販売者の顔が見えないので、何もしていないお米を「妊娠米」として販売している可能性も0ではありません 仮に妊娠中の画像があったとしても事実かどうかはわかりません ですが本当に妊娠中で善意の気持ちで出品している方もいるかもしれません 

個人的に出品者が悪いとは言えなそうです 単なるお金儲けとして出品している人は悪いとは思いますが、善意で出品されている方に関しては悪いとはいえません 購入者側も「ジンクス」として購入される方もいるので、むしろ気持ちの手助けをされていると思います

神社のお守りが本当に効果があるの?同じことで、要するに気持ちの支えになっていれば効果があるのかもしれません なので出品者さんに関してはそっとしておきましょう

妊娠米のジンクスを少しでも信じているのであれば、ネットで購入するのではなく、親しい友人や友達など どこの誰か分からないよりも顔が実際にわかる方から譲り受ける方がもしかすると効果があるかもしれません

まとめ

妊娠米の効果について

  • 医学的な根拠はない
  • そもそも妊娠菌というものが存在しない
  • 購入するかしないかは自己責任で

妊娠米のプチブームは一過性なものだと思います あまりチヤホヤさせずに、そっと見守っていきましょう

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。