LINE 乗っ取られたら まずやるべきこと【体験談】

忘れもしません 2014年9月22日、平凡な日でした。 お昼ご飯を食べ終わりなにげにスマホを見てみると不在着信の嵐‼︎‼︎

仕事がら普段はマナーモード。あまりの着信履歴の多さにびっくりしたことを覚えています
その時は状況が読めず「誰か亡くなったのかな?」と思ったぐらい。 この時はまだLINEが乗っ取られているとは気づいていませんでした。

そして着信履歴の一番上の人に電話をしてわかりました。 LINEを確認してみるとログインできず「LINEが乗っ取られた(°_°)」 あまりにも突然のことでビックリ… ニュースで知ってはいましたが、まさか”自分”に来るとは…

ということで僕の実体験を元に、LINEが乗っ取られてしまったらやるべき行動を紹介いたします。 焦る必要はありません。ゆっくりとご覧ください!

スポンサードリンク

LINEを乗っ取られたらすべき行動

まず一番びっくりしたことは「PINコードをしっかり設定した直後くらいだったこと」

LINEの乗っ取りがニュースでも話題だったので、PINコードという本人確認の暗証番号を
乗っ取られる日の朝に設定したばかりでした。 「これでよし!」なんて思っていたのですが… わからないものですね 

話が長くなりそうなので本題にいきましょう それでは「LINEが乗っ取られた」と気づいた場合の流れを説明させていただきます。

1.まずLINEのアカウントの凍結する

まず私の場合はLINEを開くとこんな感じになって

image

アドレスとパスワードをいれてもログインできませんでした。おそらく皆さんも同じ状況かもしれません。 その理由はLINEを起動した時に

「他の端末で同じアカウントを利用したため、この端末に保存された情報はすべて削除されます」

と表示されます。

乗っ取られているのでなるべく早くアカウントを凍結しましょう LINEのアカウント凍結は以下のページから ページに要項を入れていくとアカウントを凍結してもらえます。意外と項目が多くて面倒でしたね

すぐにはアカウント凍結できません ある程度時間がかかりました しかし、ほっとしている場合ではありません。まだ被害が起きているかもしれません

後に友達にどんなLINEが来たのか教えてもらえました。アカウントを乗っ取られると、「iTunesカードを◯円分コンビニで買ってほしい」という内容文が、友達に登録されている全ての人にメッセージが送られてしまいます。 幸いニュースなどでLINEの乗っ取りが話題だったために、被害にあった人はゼロで安心しました。

2.自分の状況を伝える

しかし中には乗っ取られていることがわからず、「急に変なLINE送ってきてどうした?」と電話が来た人もいました。 つまりLINEが乗っ取られてことを全員が理解しているわけではないため、連絡先の人全てに乗っ取られた状況を伝える必要があります。

しかし以外な盲点がありました。「LINE以外の連絡方法がない」ということ 最近の連絡手段のほとんどがLINEで済ませていました。 結果的に新しいLINEアカウントを作って、連絡先を知っている人は電話番号からLINEを追加して連絡できました。 

しかし電話番号は知らず、ラインIDだけ交換した友達に関しては、LINEで連絡することができません。 この人へ今の自分の状況を説明するのが難しくかなり悩みました。 私その人達とはTwitterやFacebookでつながっていなかったので本当に苦労しました。 結局フェイスブックで友達からたどっていって無事全員に連絡することができました。 

このLINE乗っ取り事件で、いかに自分がLINEに依存していたかがわかりました。最近はアドレスはおろか、電話番号も交換しないことも多いですからね 他でつながる手段が必要だと感じました。

スポンサードリンク

LINE 乗っ取られたられて気づいたこと

◯LINE 乗っ取られたら まずやるべきこと

  • LINEのアカウントを凍結させる
  • 新しいLINEアカウントを作る
  • LINE以外で状況を説明する

◯LINEを乗っ取られて気づいたこと

  • LINE以外の連絡手段が必要
  • 自分では乗っ取られたことに気づかない
  • 難しいパスワードでも安心してはいけない

状況を伝える手段としては「ラインのタイムライン」「ライン以外のSNSで説明する」です。 新たにLINEのアカウントを取得して、ひとりひとりにLINEするのは大変なので、タイムラインで一気に知らせることができます。 そして電話番号を知らない人へのアプローチが一番大変です。 LINE以外のSNSをやっていない方などはパニックになるかもしれません。

LINEの乗っ取りが一段落したら

LINEが乗っ取られて、連絡先の人にも状況を伝え終えたら 念のために「パスワードを強化」しておくことをおすすめします。

私自身、LINEが乗っ取られる数週間前に、LINEの乗っ取りが流行っていると聞いた時、僕自身はパスワードを10桁の英数字に変えました。結構難しめにしたつもりでしたが乗っ取られました笑 なので100%安全ではないとはいえますが、やらないよりやったほうがいいでしょう。

強化するのは以下のとおり

  1. パスワード
  2. PINコード
  3. ログインアカウントの制限

パスワード変更は「アカウント」から「パスワード」で変更可能。 覚えやすいものがいいですが、以下のパターンは避けるようにします。

  • 生年月日、名前、電話番号を避ける
  • なるべくランダムな英数字(8文字以上推奨)
  • パスワードの使い回しも避ける

そしてPINコードの追加(※PINコードは16年2月に廃止) こちらは4桁の数字を設定することで、より安全性が増すものです。 こちらもわかりやすい数字は避けるようにします。

最後にアカウントの制限について LINE→設定→アカウントのログイン許可 ここのチェックをはずします。

image

以上により安全性が以前よりも上がるはずです 

まとめ

LINE 乗っ取られたら まずやるべきこと

  • LINEのアカウントを凍結させる
  • 新しいLINEアカウントを作る
  • なるべく早く状況を説明する

LINEが乗っ取られた後にやるべきこと

  • LINE以外の連絡先をもらうようにする
  • パスワードを強化しておく

スポンサードリンク

『LINE 乗っ取られたら まずやるべきこと【体験談】』へのコメント

  1. 名前:小林  祐子 投稿日:2015/12/15(火) 14:59:29 ID:ef714c796

    私も思いもよらなかった乗っ取りにあってしまいました。
    ご記入いただいた手順にて対応いたしました。私はFacebookにてまずお知らせし、添付していただいたフォームにて報告をしたところです。
    LINEはいつも気をつけていないと、過去の知人の電話番号などからも情報を表示してつながらせようとするので思わぬところでつながってしまいそうですから、これからは、しっかり管理して、本当に連絡が必要な人に限定して登録しようと思います。
    情報提供いただきありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。