給油ランプがついてから何キロ走れるのか? 意外と走れる説

車のガソリンの残量が残り少なくなると点灯する「給油ランプ(エンプティランプ)」

給油ランプが点灯するまえに給油すればいいのですが、何らかの原因でガソリン残量がギリギリだった場合 「あとどれ位走れるのか?」とガス欠を心配される方多いと思います

給油ランプが点灯したからといって直ぐにガス欠になるわけではなくある程度ガソリンが残っている状態になります

なので今回は

  • 車種別の走れる距離
  • 万が一ガス欠になったら

スポンサードリンク

給油ランプがついてから大体何キロ走れるのか?

まずクルマのガソリンの残量がどれ位になると給油ランプが点灯するのか 人気の車種をおおまかに調べてみました こちらはあくまで参考値ですので参考程度に御覧ください

◆トヨタ

プリウス…残量が6前後

アクア…残量が5前後

フィット…残量が7前後

クラウン…残量が11前後

アルファード…残量が11前後

ハイエース…残量が10前後

◆ホンダ

N-BOX…残量が4前後

フィット…残量が5前後

オデッセイ…残量が7前後

ステップワゴン…残量が8前後

◆日産

モコ…残量が5前後

マーチ…残量が5前後

キューブ…残量が7前後

エルグランド…残量が9前後

セレナ…残量が10前後

燃費が良いクルマ(軽やHVなど)ほどガソリン残量が少なく、燃費が悪いクルマ(大型車など)ほどガソリン残量が多めでランプが点灯する傾向にありますね

どの車も給油ランプが点灯するのは以下の値に落ちつきます

  • 軽自動車は4前後
  • 普通車は6前後
  • 大型車は9前後

おおむねこの値で問題ないかと思われます

この値に1あたりに走る距離をかけると

軽自動車が約40〜50km、普通車は約50〜60km、大型車は約60〜70kmくらいの値になると思います

なので給油ランプが点灯しても意外と長い距離走れます

ですが万が一の事を考えて一番近いガソリンスタンドで直ぐに給油をしたほうが良いでしょう

無駄なガソリンを使わないために、一旦落ち着いてから事前にカーナビや地図アプリなどで現時点からの距離を確認して、移動すると焦らず行けると思います

スポンサードリンク

万が一 ガス欠になってしまったら

いくら注意していてもガス欠になってしまうことがあります

ガス欠は急に動かなくなるわけではなく、アクセルを踏むとボボボと力がなくなってきてゆっくりと止まり、エンストして止まる感じになります

万が一ガス欠になった場合 最優先してもらいたいのは「安全なところに車を停車させる」ことです 道のど真ん中で止まってしまうと迷惑なので、路肩など安全な場所に停車させましょう

ガス欠した場合 対応策としては

  • JAFやロードサービスを利用する
  • 近くのガソリンスタンドでガソリン買う
  • 知人にガソリンを買ってきてもらう

JAF会員でしたらガス欠の対応は無料 ガソリン代は別にかかってしまいますが、急速対応してくれます 会員でなくても8230円+ガソリン代で対応してくれるみたいです 高速道路の場合だともっとかかるみたいです

ちなみにガソリン満タンにしてくれるわけではありません 応急処置として近くのガソリンスタンドに行ける位の量しか入れてくれませんのでご注意を

◆JAF ロードサービスフォーム

他にも加入されている自動車保険のサービスとして、ガス欠対応してくれるものもあります 殆どの自動車保険で年間1回のみガソリン代も含め無料というところもあるみたいなので、加入されている自動車保険を確認してみるといいかもしれません

あと近くにガソリンスタンドがある場合 スタンドの店員さんに事情を説明すると優しい方なら専用のタンクを貸していただけます そうすることができたらガソリンを買って給油することができます

近くにガソリンスタンドがない場合 近くのガソリンスタンドを調べて配達をお願いする というてもあります すべての店舗がやってくれるわけではありませんが、優しい人のいる場所であれば届けてくれることもあるそうなので、緊急時の場合はチャレンジする価値ありです

まとめ

給油ランプ(エンプティランプ)が点灯して走る距離

  • 軽自動車で約40km
  • 普通車で約50km
  • 大型車で約60km

万が一ガス欠した場合

  1. 安全な場所に停車する
  2. JAFやロードサービスを利用するか何らかの手段でガソリンを持ってきてもらう

ガソリンがなくなってきたら早めに給油されることをおすすめします

それでは

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。