乾いた紙粘土の復活方法をおすすめしない理由

最近暑すぎる日々が続いている今日このごろ。 何もしていないのに汗が吹き出してくるくらい 晩酌の頻度が増えて困っています笑 そんな夏で思い出すのは、夏休みの宿題などの工作で「紙粘土」を使う人は多いのではないでしょうか。紙粘土の扱い方法は意外に難しく時間をおくと乾いてしまい固くなってしまいます。 せっかく買ったものなので捨てるのはもったいないですよね

今回は、そんな固くなってしまった紙粘土を復活する方法について紹介していきますが、復活方法は個人的な意見を言わせてもらうと正直おすすめできません。 その理由もお伝えしながら紹介できればと思います。

スポンサードリンク

乾いた紙粘土の復活方法

紙粘土の乾燥してしまったといっても度合いは人それぞれ

  • 表面だけが乾燥している
  • 50%くらい乾燥している
  • 完全に乾燥してしまった

結論から言うと、紙粘土が一度乾燥してしまうと元通りにするのは難しいです。 紙粘土の乾いていないほど復活させやすいですが、完全に乾燥してしまった紙粘土も復活はできますが以下の問題が生じていまいます。 

◯復活させた紙粘土の弱点

  1. 固まりづらい
  2. 硬化しても水に弱い
  3. 材料費がかかってしまう

復活しても固まりづらいという弱点があります。 せっかく時間をかけて復活させたとしても、強度が微妙でもしかすると使いづらいかもしれません。  そして仮にうまく固まったとしても、水をかけると直ぐにボロボロになってしまいます。 さらにいくつかの材料を使いますので、お家にその材料がなかった場合、それを購入しなければならないために、新しい紙粘土を購入するほうが安くすむ、なんてこともあるかもしれません。

●復活させた紙粘土で作るむいていないもの

  • 大きい作品
  • 作品に色を塗る場合

これらの作品を作ろうとする場合は、新しく紙粘土を購入されることをおすすめします せっかく作ったのに、見栄えが残念だともったいないですからね

◯復活させた紙粘土で作る むいているもの

  • 色を塗らない作品
  • 小物の作品
  • 作品のかさ増しに使う

小銭程度の小さい作品を作る場合は、復活させた紙粘土でも有効です。 そして大きい作品をつくるとしても、内部に復活させた紙粘土を使って、外側を新しい紙粘土で覆うように使うことで、うまく利用することが可能です。

以上のメリット、デメリットを踏まえた上で紙粘土を復活させるか検討してみてください。 それでは「乾いた紙粘土の復活方法」をご紹介させてもらいます。

スポンサードリンク

乾いた紙粘土の復活させる手順

それでは「乾いて固まってしまった紙粘土の復活方法」をご紹介致します。 まずはなぜ紙粘土が固くなってしまうのかという事ですが、含まれている水分が少なくなるにつれて固くなっていくのです。なので、やわらかくするのは実は簡単で、紙粘土に含まれていた水分を戻すように染み込ませていけばいいのです。少しずつ紙粘土に水分を加えながら練りこみ、やわらかくなるのを待つのですが、この方法だと面倒なのが

  • 時間がかかる
  • 水の分量が難しい

復活させるにはかなり時間と水の分量の調節が難しいです。 これらを解消するために「電子レンジ」を使って短縮します。

工程は以下の通り

  1. 紙粘土を細かくする
  2. ラップでくるむ
  3. 水を少量足す
  4. 電子レンジで加熱する

まず紙粘土を細かくします。 カッターかハサミで細かく裁断していきます。 こうすることによって水の吸収が早まり時短につながります。 

次に細かくした紙粘土をラップにくるみます そして水を少しずつ入れて再度モミモミ 水は紙粘土の量によって分量は異なりますので、少し足りないかな?くらいの水の量でOK 水は多いより少なめがおすすめです

そしてラップを包んだ状態で「電子レンジ」で5秒ほど加熱していきます。 電子レンジから取り出し、ラップにいれた状態で揉み込みましょう(やけどに注意) 水分が足りなければ水を足して再度チャレンジ。最初に水を入れすぎるとべちゃべちゃになってしまい使いづらくなってしまいますので、あくまでも少しずつ水を足していきましょう。

紙粘土を細かくする→ラップに水を入れモミモミ→電子レンジで加熱→少しモミモミして様子を見る→ゆるい場合紙粘土を足して加熱 の繰り返しをすればいい硬さで復活できます。

温め終わった紙粘土は中の温度がかなり高くなっている場合がありますので、やけどには十分注意して作業してください。表面があまり熱くなっていなくても、中が熱くなっている場合がありますので油断しないようにしましょう。

以上の方法を使えばカチカチになっているような紙粘土でも再生することが可能になります。完全に乾いていると成功しないこともありますが1度試してみる価値はあると思います。再利用し、ぜひいろいろなものを作ってみてください。

まとめ

乾いた紙粘土の復活方法をおすすめしない理由

  1. 固まりづらい
  2. 硬化しても水に弱い
  3. 買ったほうが安くつく場合も

紙粘土の復活方法

  1. 紙粘土を細かく切る
  2. ラップに水をいれ揉む
  3. 電子レンジで加熱する
  4. 硬さを調節する

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。