iPhoneでEdyを簡単に使う方法

最近機種変して、スマホからiPhoneになりました iPhoneはシンプルで使いやすく、とても快適に使用しています ですがスマホから乗り換えて一番残念だったことが「Edyが使えない」こと 大抵のスマホはおサイフケータイ機能があり、Edyのアプリをダウンロードするだけで、Edyを使うことができます

しかしiPhoneは新機種のiPhone7ですらEdyに対応してなく、Edy愛用者にとっては悩ましい問題です ですがiPhoneのままでEdyを使いたいと試行錯誤した結果、かなりしっくりくる方法を考えつきました そんなiPhoneユーザー全ての人がEdyを使える方法をご紹介します

スポンサードリンク

iPhoneでEdyを簡単に使う方法

私がこれだと思えた方法は「EdyカードをiPhoneケースの裏に入れる」です これだとiPhoneをかざすとEdyで支払える まさにiPhoneがおサイフケータイになった瞬間でした

●用意するもの

  • Edyカード
  • 専用iPhoneケース

Edyカードは楽天市場で税別300円ほどで購入できます 

このカードを「カードを収納できるケース」と組み合わせればいいわけです カードを収納できるケースは楽天やAmazonなどでも多くの種類があります 私が選んだのは「シンプルなもの」 Edyを使いたいがためにケースがゴツくなっては意味がないと考え、できるだけシンプルなものを選びました

これらを組み合わせるとこんな感じになります

カード1枚分しか厚みが変わらないため、持った感覚など違和感はなく 普通の保護ケースと変わらない使用感 とても満足です 

この方法だとiPhone5やiPhone6でも、好みのケースさえあれば誰でもできてしまいます ケースは好みですから、皆さんの好きなものをお選びください Amazonや楽天などで検索する場合 以下のキーワードで検索すると見つかりやすいです

  • iPhone◯ ICカード
  • iPhone◯ スロットイン
  • iPhone◯ カード1枚

以上の方法以外でもiPhoneでEdyを使う方法はあります しかし他の方法だと「専用器具が必要」「デザインがダサい」「金額が高い」とハードルが多いものばかりでした アンドロイドでは無料で使えるのに、変にお金をかけるのは違うかなと考え抜いた結果、このような結論に至りました  

今後iPhoneでもEdyが使える機種が出てくるはずです ですがEdyのためだけに機種変はコストが高い気もします 私はこの方法で数年使っていく予定です 

それでは

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。