アイスコーヒー インスタントで美味しい作り方

最近暑くなり、喫茶店で涼みに行くことが多くなってきました 喫茶店でよく頼むのは「アイスコーヒー」 暑い日はよく頼みます 

そんなアイスコーヒーをお家のインスタントコーヒーを作ると「味が微妙」と感じてしまいます いつも飲んでいるインスタントコーヒーを冷しただけだと、喫茶店ほどの味のクオリティはなかなか難しいと感じました なので今回は普段飲んでいるインスタントコーヒーをまるでお店で飲むコーヒーのようにおいしくする3つのポイントを紹介します。3つのポイントをおさえてコーヒーを淹れるだけで、お店で飲む味に早変わり。家族や職場の人をびっくりさせるアイスコーヒーが淹れられるようになります

アイスコーヒー インスタントで美味しい作り方

インスタントコーヒーで美味しいアイスコーヒーの作り方のポイントは3つ

  1. インスタントコーヒーを煎る
  2. お湯を入れるタイミング
  3. コーヒーを淹れる温度

以上の手間をかけることで、インスタントコーヒーでも美味しいアイスコーヒーを作ることができます

アイスコーヒーを美味しくする一手間 粉の選定

インスタントコーヒーにもいろいろな種類があります 基本的にどのような粉でも美味しく作ることができますが、より美味しく作りたいと思うと粉も美味しいものを選びたいものです

どのようなインスタントコーヒーが美味しいアイスコーヒーに適しているのかというと「フリーズドライ製法」で作られたインスタントコーヒー

特徴として、風味や香りが強いコーヒーが出来上がり、お湯でなくても溶けやすいというメリットがあるため、アイスコーヒーにむいています スーパーなどで購入の際は、裏の表記に注目して購入してみてください

アイスコーヒーを美味しくする一手間 粉を煎る

それでは早速作り方の説明をさせてもらいます まず1つ目のポイントは「インスタントの粉を煎る」こと

時間がない場合などには難しくなってしまうのですが、コーヒーの粉をフライパンでから煎りします。この作業を行うことで、キリッとした味の香ばしくおいしいコーヒーが出来上がります。 フライパンで炒るのですが、あまり長時間炒ってしまうと、焦げ付いてしまい、長い時間フライパンをゴシゴシと格闘する羽目になってしまいます。こうならないためにも、ほのかに香りが出てくるまで、極弱火でじっくり炒ることが大切です。 目安としてはほんの少し焦げる程度でOKです

アイスコーヒーを美味しくする一手間 淹れる温度

まず2つ目のポイントは「温度」です。コーヒーの味はカップの温度、そそぐお湯の温度でコーヒーの味は左右されます。

最初に、カップや容器に熱湯を注ぎ温めておきます。冷たいカップや容器に入れてしまうと、コーヒーの温度がカップに奪われ、急激に温度が下がってしまうので、香りや風味が損なわれてしまいます。 お湯の温度ですが、沸騰したてのお湯を使ってしまうと、粉の表面のデンプン質が固まってしまい、粉っぽいコーヒーになってしまいます。

沸騰したお湯を少し冷まし、80~90度ぐらいのお湯でコーヒーを淹れましょう。 この温度は熱湯を一度別のカップに注ぐと、80~90度くらいの温度になるので温度計がない場合はこちらで対応してみてください

このひと手間で香りが引き立ち、いやな苦みの少ないコーヒーができます。もし用意している粉が、水でも溶けやすい粉の場合は、完全に水で作り、電子レンジなどで温めてもおいしいコーヒーをいれることができます。この方法を使うと、お湯を沸かしたり、カップを温めたりといった工程が必要なくなるので、コーヒーを沸かすのが面倒な場合などにいいでしょう。それでも、苦みや酸味のバランスが良く、よりうまみが際立ったコーヒーができます。

アイスコーヒーを美味しくする一手間 粉を練る

3つ目のポイントは「粉を水で練る」ことです。 カップに入れた粉をスプーン一杯の水で練ってからお湯を注ぐことです。この作業をし、粉から空気を抜きよく練ることによって、コーヒー独特の風味が際立ち、ドリップコーヒーに近い味を引き出すことができます。コーヒーの粉の溶け方が不十分だと、本来するはずの香りが損なわれ、粉っぽいコーヒーになってしまいます。よく練り、粉のだまを完全に溶かしきることでお湯を注いだ時にコーヒー本来の香りが際立ちます。

以上の3つのポイントを踏まえた上で、美味しいアイスコーヒーを作る方法をご紹介します

スポンサードリンク

アイスコーヒー インスタントで美味しい作り方の手順

まずアイスコーヒーをグラス1杯分つくる分量をご紹介します

◯用意するもの

  • インスタントコーヒー(煎ってなくても可)
  • 砂糖(お好みで)
  • お湯
  • お水

お水は水道水でも良いですが、ミネラルウォーターを使うことでより美味しく作ることができます

それではまずカップにインスタントコーヒーをいれます コーヒーを作った後に水や氷で薄くなってしまいますので、粉は多めでOKです 分量はコーヒーの粉によって違いますので、1杯分の表記よりも濃い目の分量をいれます(1.5〜2倍の量)

そしてお湯を入れる前に、スプーン1杯の水を入れて粉を練ります この時、砂糖を入れる場合はこの時点で入れておきます 砂糖はアイスコーヒーにすると、甘みが感じにくくなるため、甘いのがお好きな方は多めに入れておきましょう そのあとにコーヒー1杯分のお湯(80〜90度)を注ぎます 

その後グラスを用意して氷をグラスいっぱいに入れます そのグラスにコーヒーを入れる前に少量のお水をいれます それからコーヒーをいれてよくかき混ぜます それでも量が少ない場合はお水を足すと良いでしょう これだけで美味しいアイスコーヒーを作ることが可能です

アイスコーヒー インスタントで美味しく作る 作り置き編

最後にインスタントコーヒーで作るアイスコーヒーの作り置きする方法をご紹介します

作り方は1杯分のコーヒーを繰り返すだけです まとめて作るとかんたんではありますが、粉が溶け残ったりする恐れがあり、味が安定しにくいです なので1杯ずつ作り容器に入れるを繰り返して大きめの容器にいれて保存してください

◯アイスコーヒー作り置きの注意点 2〜3日で飲みきれる量を作る

コーヒーは酸化すると味が落ちて美味しくなくなってしまいます なので長期間保存はせず、飲みきれる量を作ってください なくなればその都度作るほうが常に美味しいコーヒーを味わうことができます

まとめ

インスタントコーヒーで美味しいアイスコーヒーを作る方法

  1. インスタントコーヒーを煎る
  2. お湯を入れる前に粉を練る
  3. コーヒーを淹れる温度は80〜90度で
  4. 薄めるお水はミネラルウォーターで

すべてのポイントを常に実行し続けるのは難しいので、コーヒーを淹れる際、可能なポイントだけでいいのでひと手間加えていくと周りの人を驚かせるようなコーヒーが淹れれると思いますのでぜひ試してみてください

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。