スナックえんどう?スナップえんどう?違いは簡単!

スナックえんどう?スナップえんどう?違いは簡単!

最近スーパーの閉店時間ぐらいに行くのにハマっています
なぜならば値引き商品を買うため!
半額のお弁当は本当にありがたいですね

そんなスーパーをチラチラみていて
冷凍食品コーナーを見てふと疑問が浮かびました

「スナックえんどうとスナップえんどうの違いってなんだろう?」

たまたま見ただけですが
めちゃくちゃ気になったので調べてみました!

スポンサードリンク

スナックえんどうとスナップえんどうの違い

image

スナックえんどうとスナップえんどうは全く同じものだそうです笑

言い方違うだけのようです

なぜ言い方が違うのか

時はさかのぼり昭和40年ごろ
アメリカから輸入されてきた品種で正式名称は『スナップえんどう』英語ではsnap-bean(スナップビーン)

しかし明確な理由はわかりませんが
スナックえんどうとも言われるようになった理由は

  • 聞き間違いで広まってしまった
  • 手軽にスナック感覚で食べれるから
  • スナップよりスナックの方がしっくりくる

などの理由でスナックえんどうも広まっていきました

両方の名前の商品が広まって
どちらが正しいのかわからなくなってしまう…

そうなり1983年(昭和58年)農林水産省によって
スナップエンドウと名称を統一するということになりました

しかし結局現在もどちらの表記でも商品が出回っています

なのでスナックえんどうは間違いではないけど
本来はスナップえんどう そう心にしまっておいてください

雰囲気みたいなものですね
「ふんいき」が本来だけど「ふいんき」が正解みたいな風潮…

山崎邦正
「やまざきほうせい」ではなく「やまさきほうせい」みたいな…

少々話が脱線してしまいました
お許しください

これでまた賢くなれました
それではまた!

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。