Edy コンビニでの使い方を1から説明してみた!

Edy コンビニでの使い方を1から説明してみた!

Edyを使うと、とてもスマートに会計がすみます お釣りなどのわずらわしさは一切ありません 一度使うと電子マネーはとても便利で手放せなくなります

Edy利用する主な場所といえばコンビニ ほぼ全てのコンビニで利用可能 とても便利です 今回はEdyを一度も使った事のない方ためにコンビニでの使い方を1から紹介します

スポンサードリンク

Edy コンビニでの使い方

まず初めにコンビニでEdyを使う流れをざっくり説明しておきます

Edy対応のカードかアプリをダウンロードする⇒ Edyにお金をチャージ⇒ コンビニの会計時に「Edyで」と言う⇒ Edyの端末を機械にかざす⇒ 支払い完了

という感じですかね それでは順を追って説明していきます

Edyの使い方

まずEdyは大きく分けて2つのパターンがあります 「Edyカード」か「Edyアプリ」 まずどちらか好きな方を用意します

Edyカードは楽天市場で300円(送料込み)で購入できます

そしておサイフケータイ対応のスマホでEdyアプリをダウンロードするだけで、Edyを使うことができます

楽天Edy:ポイントがドンドン貯まる便利でお得な電子マネー

楽天Edy:ポイントがドンドン貯まる便利でお得な電子マネー
無料
posted with アプリーチ

スポンサードリンク

Edyにチャージする

Edyを入手できたら早速チャージします Edyとはプリペイド(前払い)方式の電子マネーなので、必要な分入金していく方法です 初めて使う場合Edyにチャージされていないと支払いはできませんのでご注意を

Edyへのチャージ方法は簡単で、コンビニの支払い時に「Edyにチャージしたいのですが」というとEdyにチャージできます そして気をつけたいのが一度Edyにチャージすると、Edyから現金には変更できません なのであまり多くはチャージせず、少額をチャージするといいかと思います

店員さんにチャージしたい金額をわたして、端末をかざせばチャージ終了 その後すぐにEdyでのお支払いも可能です Edyのチャージは千円単位での入金が可能です 小銭など細かいチャージはできません Edyの残高は5万円が上限 一回あたりのチャージ額の上限は2万5千円なので気をつけてください 私はいつも5000円くらいチャージしています

コンビニではEdyでの支払いとチャージが可能ですが、コンビニ以外のEdyを使えるお店でもチャージはできないという店舗がありますので、チャージはコンビニが無難です

会計時にEdyで支払う

入金を済ませたらそのままEdyでお支払できます 

コンビニの会計時に「Edyで」と言って端末をかざすところがあるのでかざします

image

かざした後コンビニによって違いますが、パネルでEdyのボタンを選択するタイプと
かざして支払いが完了するタイプがあります ですが簡単なので緊張することはありません あっという間にお支払が完了できます Edyカードの場合、会計後のレシートに残高が記載されているので確認が簡単です

Edyを使えるのはコンビニが主ですが、年々使える場所が増えてきて、例をだすと

  • マクドナルドなどのファストフード
  • イトーヨーカドーなどのスーパー
  • マツモトキヨシなどのドラッグストア
  • TSUTAYAなどの書店
  • Amazonなどのネットショップ

と意外と使える場所が多くなってきています なのでEdyの使用頻度が高くなっていくと同時に、このお店Edy使えるかしら?とお店を選ぶ基準にもなってしまいます それほど便利です 

Edyで支払えないもの

お釣りも出ず便利なEdyですが、コンビニで支払えるものの中でEdyでは支払えないものをご紹介します

  • コピー機
  • 切手・印紙・はがき
  • iTunesカードなどのギフトカード
  • 電気・ガス・水道などの公共料金
  • 通販などのコンビニ支払い

先程も言いましたが「Edyから現金には変更できない」ですから Edyには普段コンビニなどで使う一週間程度の料金をチャージしていくのが良いでしょう

まとめ

Edyのコンビニでの使い方

  1. 会計時にチャージする
  2. 端末を機械にかざす
  3. 会計終了

Edyでは支払えないもの

  • コピー機
  • 切手・印紙・はがき
  • iTunesカードなどのギフトカード
  • 電気・ガス・水道などの公共料金
  • 通販などのコンビニ支払い

それでは良いEdyライフを

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。