読書感想文 火花をコピペでパクってみた!

夏休みの天敵である「読書感想文」 私の学生時代の読書感想文は、書けなさすぎて先生と一緒に書くぐらい読書感想文はかなり苦手でした。 そんな私も歳を重ねるごとに読書をするようになったり、文章を書く機会が多くなったりと、昔よりかはうまくかけるのではないかと思っています。

なので今回は、読書感想文嫌いの人たちに向けて手助けになれるような、記事を書いていこうと思っています。 題材にさせてもらうのは、お笑い芸人の「ピース又吉直樹」さんが芥川賞を受賞された著書『火花』 

恥ずかしながら、あれだけ注目されていたのですが火花を読んだことがありません。 そんな私がネット上の情報だけで読書感想文を書いてしまおうというチャレンジになります。 

スポンサードリンク

読書感想文 火花をコピペでパクってみた!

●注意事項

以前記事にさせてもらいましたが、読書感想文をネットの情報をそのままコピペしてしまうと、かなりのリスクになります。 なのでネット上の情報をうまく利用しないといけません。 

◯作業時間

  • ネタ探し:20分
  • 書き出し:100分
  • 見直し:5分

約2時間ほどで書き終えることができました。 男子高校1年生を想定して書いてみました。文字数は原稿用紙3枚(1,200字程度) 本来なら原稿用紙5枚(2,000字以内)なのですがご愛嬌ください パソコンで書いたため、手書きの場合では誤差があるかと思います。 誤字脱字や伝わらない言い回しなどあるかもしれません。 参考程度に御覧ください。

読書感想文 火花 コピペ活用記事 

1枚目

2枚目

3枚目

参考サイト:http://writerzlab.com/drama-matayoshi-hibana

スポンサードリンク

読書感想文 上手にパクる方法

数年ぶりに真面目に読書感想文を書きました。 昔よりスムーズに書けましたので少し成長を感じることができました笑

今回、本を全く読まずにコピペ記事だけで書いていったわけですが、思ったことは以下の通り

  1. 相関図で理解する
  2. 自分の感想を広げる
  3. 自分らしさを出す

まず本の内容をあらすじからある程度理解することが大切だと思いました。 私がやったのは簡単な「相関図」を書いて、主人公の性格や他の登場人物のつながりなど イメージしやすいようにノートなどにざっくりと書き出していきます。

※実際に書いた相関図 汚すぎますが…

すると、あらすじだけ読んでもなんとなく話の雰囲気や伝えたい事が見えてきます。

先程見てもらったとおり、本の内容に触れたのは数行。 あとは自分の解釈や感想を広げていっただけで、原稿用紙3枚でもあっという間でした。 本の解説をしても意味がありません。あくまで「感想文」なので、自分が感じたことを自分の言葉で書いていくのがいいかと思います。 自分が興味が持てる内容に結びつけることができたなら、自然と文字数も書けるはずです。

そして「自分の現在の生活」と話をうまく組み合わせることで、リアリティが増してあなたしか書けない感想文の出来上がりです。

読書感想文 火花をバレないようにパクるには?

それでは最後に、私が書いた感想文をコピペだとバレないようにパクるとすると、どのようにすればいいのでしょうか? 先程の文を私がパクるとするとするならば、タイトルを『幸せな生き方とは?』にして、パクる部分は「話の内容」「登場人物の性格」の考え方。

話の内容は「売れないお笑い芸人の苦悩と人間模様」なので、「テレビに出ているお笑い芸人さんは、ほんの一部で、出られない芸人さんのほうが圧倒的多数です。 売れるために一生懸命努力しているはずです。 でも報われるのは少数。 ひたむきに時代に合わせて頑張る主人公徳永はちょっとずつ売れていくけど、神谷は周りの目は関係なく自分の笑いをやっていくスタイルで才能はあるのに、時代に合わせられないため売れそうにない。 こう見ると神谷の自分の思うがままの人生は良くない事のようにおもえるけど、見方を変えると神谷はお金にこそ苦労していたけど、自分の心に正直に生きているので、もしかしたら一番幸せな生き方なのかもしれません・・・」

のように考え方と切り口を変えるだけで、全く別物になりますね。 このようにネット上の感想文をそのままコピペしてパクるのではなく、上手に作り直せば、本を読まなくても感想文は充分に書くことができてしまいます。

まとめ

読書感想文の上手なパクリ方

◆やってはいけないこと

  • 全てコピペしてしまうこと

◯バレないパクリ方

  • 自分の思ったことを混ぜる
  • 自分の実体験などをいれる
  • 実生活に結びつける

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。