分割払いとリボ払いの違いを説明してみた!

分割払いとリボ払いの違いを説明してみた!

最近クレジットカードでの支払いが多い気がします
支払いが数ヶ月後なので忘れてしまいがち…
毎月計画的に使わないと支払いがヤバそうです
みなさんも気をつけてください

そんな便利でもあり危険でもあるクレジットカード
支払い方法の違い あなたはわかりますか?

クレジットカードでの支払いは主に3種類

  • 1回払い
  • 分割払い
  • リボ払い

1回払いはわかりますが
“分割払い”“リボ払い”の違いわかりますか?

僕もぶっちゃけよくわからなかったです
しかしクレジットカードを使うなら絶対に知らないといけない知識なのでみなさんにシェアさせてもらいます!

スポンサードリンク

分割払いとリボ払いの違い

違いを確認する前にそれぞれ
軽く説明しておきます

分割払い

分割払いとは支払い回数が指定できる支払い方法

支払い回数は何パターンかあって
カード会社によりますがだいたい

3,5,6,10,12,15,18,20,24回のなかから
希望のお支払い回数が指定できる支払い方法です

10万円のPCを分割払いで買う場合

3回払いだと月33,333円+金利
12回払いだと 月8333円+金利
24回払いだと 月4166円+金利

24回払いだと10万円の商品が
毎月5000円以下で買えるって凄くないですか?

高額の商品を買う場合
一括の支払いだとキツイだけど分割払いであれば
毎月自分の払えるだけの金額にすれば
高額商品でも買うことができるんですね

その代わり毎月金利がかかってしまいます
金利とはカード会社がお金を立て替えてくれる代わりに
手数料をちょっとだけもらいますよ というイメージです

この金利は支払いの期間が長ければ長いほど
支払う金額は高くなります

リボ払い

リボ払いとは利用金額や利用件数にかかわらず
毎月のお支払い金額がほぼ一定となる支払い方法

楽天カードさんのリボ払いの場合

利用金額が20万円以内の場合 支払いは毎月5,000円
利用金額が20万円以上の場合 支払いは毎月10,000円 だそうです

リボ払いでは毎月の支払い額を低くできる反面
支払い期間が長くなるので金利を多く払うことになります

分割払いとリボ払いの違いは
利用件数をまとめられるかどうかです

分割払いは支払い件数をまとめられません
分割払いで商品3つ買うと
支払いはそれぞれ別です

リボ払いは支払い件数をまとめられます
というか強制的にまとめられます
5件だろうが100件だろうと毎月の支払い額は
一定にすることができます

なのでリボ払いを選択すると後から
分割払いに変更することはできません

いかがでしたか?
クレジットカードは正しく理解して使わないと
知らず知らず損してしまうかもしれません
うまく付き合っていきたいですね

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。