WBA,WBC,WBO,IBFのそれぞれの違いは?

テレビ中継でやっていると、つい見てしまう「ボクシング」最近だとパッキャオ対メイウェザーの試合が印象が強かったことを思い出します。 ファイトマネーも桁違いで世界中が注目していましたね。 最近は地上波での放送が少なくなってはいますが、タイトル戦は放送されることが多く、日本人が活躍している試合を見ないわけにはいきません。 

そんなボクシングでよく見る“団体名”種類が多くてちんぷんかんぷんな人も多いかと思います。 今回はボクシングの団体名「WBA、WBC、WBO、IBF」のそれぞれの違いについてご紹介していきます。

スポンサードリンク

WBA、WBC、WBO、IBFのそれぞれの違い

それぞれプロボクシングの世界王座認定団体です 。 まずは設立の歴史から触れていこうと思います。  

一番初めは1962年誕生の団体 WBA(世界ボクシング協会) その当時はWBAしかなかったためタイトルマッチに挑戦する選手に偏りが合ったという不公平が生じていたため 1973年にWBC(世界ボクシング評議会)、1983年にIBF(国際ボクシング連盟)、1988年にWBO(世界ボクシング機構)が誕生したことにより、全世界のボクサーが平等かつ公平にタイトルマッチに挑戦できるような状態に長い年月をかけてなったということです。

この他にもタイトル認定団体は存在しますが、タイトルマッチの価値は低く、この主要4団体を抑えておけば問題ありません。

それでは団体ごとに詳しく紹介していきます。

WBAとは?

世界ボクシング協会(World Boxing Association)
創立 1921年
本部 パナマ パナマシティ
加盟国 90ヶ国
ベルトの色 黒

image

もっとも古い世界ボクシング機構で最も権威がある団体とされています。

●代表的な歴代のの日本人WBAチャンピオン

  • 輪島功一(スーパーウェルター級)
  • 具志堅用高(ライトフライ級)
  • 内山高志 (スーパーフェザー級 スーパー王座)
  • 竹原慎二(ミドル級)
  • 亀田興毅(ライトフライ、バンタム級)
  • 亀田大毅(フライ級)
  • 井岡一翔 (ミニマム、ライトフライ、フライ級)
  • 八重樫東(ミニマム級)

WBCとは?

世界ボクシング評議会(World Boxing Council)
創立 1963年
本部 メキシコ メキシコシティ
加盟国 161ヶ国
ベルトの色 緑

image

●代表的な歴代のの日本人WBCチャンピオン

  • ガッツ石松 (ライト級)
  • 辰吉丈一郎(バンタム級)
  • 薬師寺保栄(バンタム級)
  • 井岡弘樹(ミニマム級)
  • 長谷川穂積(バンタム、フェザー、スーパーバンタム級)
  • 内藤大助(フライ級)
  • 井岡一翔(ミニマム級)
  • 八重樫東(フライ級)
  • 山中慎介(バンタム級)

WBOとは?

世界ボクシング機構(World Boxing Organization)
創立 1988年
本部 プエルトリコ サンフアン
加盟国 65ヶ国
ベルトの色 赤茶

image

日本は2013年に加入したばかり

●代表的な歴代の日本人WBOチャンピオン

  • 亀田和毅(バンタム級)
  • 井上尚弥(スーパーフライ級)

IBFとは?

国際ボクシング連盟(International Boxing Federation)
創立 1983年
本部 アメリカ合衆国ニュージャージー州 ニューアーク
加盟国 27ヶ国
ベルトの色 赤

image

●代表的な歴代の日本人IBFチャンピオン

  • 亀田大毅(スーパーフライ級)
  • 八重樫東(ライトフライ級)
  • 高山勝成 (ミニマム級)

スポンサードリンク

IBFとWBOの日本人が少ない理由

日本人ボクサー選手が世界のタイトル戦に出場するには、現時点では日本ボクシングコミッション(JBC)が認めているWBAとWBÇのいずれからの挑戦になる。 

なので日本人ボクサー選手がIBF、WBOの試合をするには「国外でライセンスを改めて取得する」ことになるため、わざわざ挑戦する選手がいないため、日本人の名前が少ないのです。 

しかしこれは一昔前の話になり、JBCは2013年4月にIBFとWBOに加入したことにより、晴れて4団体加入が正式となり、日本人チャンピオンも徐々に増えてきていますし、国内戦でも見られる機会も増えそうな予感です。

以上がそれぞれの団体についてでした。 次にルールの違いについてご紹介いたします。

WBA、WBC、WBO、IBFのルールの違いについて

WBA WBC WBO IBF
ダウン方法 スリーノックダウン制 フリーノックダウン制 スリーノックダウン制 フリーノックダウン制
採点方法 途中の採点は公表されない  4回と8回終了時点に採点を公表 途中の採点は公表されない 途中の採点は公表されない 
その他の特徴 ラウンド・マスト・システムが厳しめ ランキングが40位まである

 当日軽量

※補足

ダウン方法の違い

フリーノックダウン制(1ラウンド中何度ダウンしても試合を続ける) スリーノックダウン制(1ラウンド中に3度のダウンがあった場合、ノックアウトが成立)

ラウンド・マスト・システム 各ラウンドごとの採点に極力差をつけましょうというものです 中でもWBAは厳格。

当日軽量 IBF独特の手法でクリアできなければ選手権者はタイトル剥奪、挑戦者はタイトル挑戦ができなくなるという厳しいルール

最後にWBAの「スーパー王座」という 簡単に言うとチャンピオンのさらに上の地位があるというシステムがあります。 ドラゴンボールで例えるなら、神様の上の界王みたいなポジションですね。 色々とややこしいため詳しく知りたいかとは以下を御覧ください。

いかがだったでしょうか? 意外と奥深く、ボクシング熱がさらに上がったかと思います。 人気が下降気味になってきたボクシング もっと多くの人が熱中して、業界が盛り上がることを願っております。

まとめ

WBA,WBC,WBO,IBFの違いについて

  • ベルトの色
  • 試合の注目度
  • 加入している国
  • 試合ルールが多少違う
スポンサードリンク

『WBA,WBC,WBO,IBFのそれぞれの違いは?』へのコメント

  1. 名前:all-that-mk 投稿日:2016/09/25(日) 07:32:17 ID:1c19ee166

    日本がWBO.IBFを認定した事は未だに残念だし、
    WBA.WBCより盛上がらないし、世界チャンピオンと認めたくないね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。