ブラックカードを持てる条件は?年収が関係している説

つい最近テレビで「お金持ち特集」を見ました。 そのお金持ちの方は“THEお金持ち”と思えるほどで「社長」「フェラーリ」「六本木」と、イメージ通りの生活をしていて、かなりドヤっていました。 お金持ちは人生で一度は憧れる存在だと思います。 

そしてお金持ちの象徴の一つである「ブラックカード」 勝手なイメージだけで言うと上限額がいっぱいあるクレジットカード クレジットカードなので、一般人の私でもゲットしてお金持ちの気分を味わいたいなぁなんて思っていましたが、いろいろ調べてみると簡単には持つことができないみたいです。

そんな、意外と知られていない「ブラックカードを持てる条件」についてご紹介したいと思います。

スポンサードリンク

ブラックカードを持てる条件とは

ブラックカードは一般的にゴールドカード、プラチナカードよりも上のカード つまりクレジットカードの最上位にあたるカードです。 ブラックカード以上のカードもあるそうですが、そちらに関しましては割愛させてもらいます。

単に“ブラックカード”と言っても種類は様々でJCB、VISA、ダイナース、楽天などありますが、代表的なのがアメリカン・エキスプレス が発行している「アメックスセンチュリオンカード」 このカードが本家本元になります。 他のカードをブラックカードと呼んでいいのか疑問ではあります。

今回は「アメックスセンチュリオンカード」をどのようにすれば持つことができるのかをご紹介していきたいと思います。

真のブラックカード“アメックスセンチュリオンカード”を手に入れる条件とは

まず、アメリカン・エキスプレスのHPから、ブラックカードの申込みフォームを探し出します。

しかし、ゴールドカードはあるものの、ブラックカードの存在が見当たりません。 そうなんです ブラックカードは誰でも申し込めるものではないのです。 入手方法につきましても、詳しい詳細は非公開と、なんともブラックな内容です。 アメックスのカードの日本一のセールスマンですらブラックカードの条件は知らないそうです。 

ですが、実際にブラックカードを所持されている人の情報をもとにすると以下の通りになります。

●ブラックカードを持つための条件

  1. 完全招待制である
  2. ある程度の年収が必要
  3. 人数の枠が設けられている

ブラックカードは「完全招待制」であるということ 誰から招待されるかというと“アメリカン・エキスプレス”からです。 つまりアメリカン・エキスプレスのカードを何かしら所持してないといけないということです。 

次に「年収」について なぜ年収がある程度必要なのかというと、まずは年会費の問題 ブラックカードの年会費は35万円+税 が毎年かかるということ。 なにも使わなかったとしてもですからね  そして完全招待制にもかかわることですが、アメリカン・エキスプレスのカードで信用を積み上げる+お金を多く使う ことによってグレードが上がると、ブラックカード所持者さんがおっしゃっていました。 

そして「人数枠」について こちらも所持者さんが言われていたことですが、日本でブラックカードを持てる人数が決まっていて、5000人と言われています。 これは変動はあるかもしれませんが、人数枠があるということです。

●ブラックカードを持つには

  1. ゴールドカードから信用を積み上げる
  2. ある程度の金額を使う

まず、誰でも申し込めるゴールドカードから信用を積み上げます 滞納などなく、ある程度の期間使用するとプラチナカードのグレードアップの招待が電話できます。 そしてプラチナカードでも信用を積み上げてある程度の金額を使うことにより利用実績が認められると、いつかブラックカードの招待がされる仕組みになっています。

ブラックカードを手に入れるためには、いろいろな条件があることがわかりました。 私自身持てることはなさそうなので、夢を見るというためにも、最後にブラックカードの特典についてご紹介させてもらいます。

スポンサードリンク

ブラックカードの特典

年会費が他社に比べかなり高い+入手困難というプレミア感がある センチュリオンカードの特典は以下のとおりです。

  • 利用限度額がない
  • 専用コンシェルジュのサポート
  • 様々な優遇が得られる

ブラックカードの「利用限度額が無制限」というのは有名な話です それだけ信用のある人にしか手渡さないために可能なプランなのかもしれません

そして「専用コンセルジュの手厚いサポート」24時間365日対応してくれるコンシェルジュがつきます。 「トラベルコンシェルジュ」と「パーソナルコンシェルジュ」の2人が対応してくれるそうで、トラベルコンシェルジュは旅行についてのプロ パーソナルコンセルジュは日常的な相談ができるプロになります。

例えば「アメリカの◯◯の場所はどこ?」「◯◯のチケットを取って」など様々な対応をしてくれるそうです。

さらに「様々な優遇サービス」  飛行機のグレードアップやホテルの部屋のグレードアップ、一部飲食店でのVIP席対応、ブランドショップの貸し切りなど ブラックカードを持っているというだけで様々な優遇がされます

いかがだったでしょうか? 夢のあるブラックカードの現実を知り、明日から一生懸命仕事を頑張ります笑 世界が違いすぎました

まとめ

ブラックカードを持てる条件

  1. ある程度の年収が必須
  2. ゴールドカードから信用と使用実績を積む

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。