自転車のチェーンが外れた時 自力で直す方法

自転車に乗っていて急にチェーンが外れてしい困った経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。 チェーンって突然外れてかなり焦ります 今回は、自転車のチェーンが外れてしまった時の治し方、外れないように整備する方法を紹介していきます。

自転車のチェーンが外れた時 自力で直す方法

自転車の外れたチェーンを自分で直す場合、闇雲にやっても直らないので「どうしたら直るのか」を理解する必要があります それをまず最初にざっくりとお伝えしようと思います

スポンサードリンク

自転車のチェーンの仕組み

簡単に説明すると「チェーンが歯車(ギア)と噛み合うことで、タイヤが動く」仕組みになっています

引用:via GIPHY

自転車のチェーンが外れた場合、ギアにチェーンを噛み合わせることで、自転車が正常に動くようになります。

自転車のチェーンを自力で直す方法

それでは自分で外れたチェーンを直す方法をご紹介します 作業する場合は、チェーンを直に触るため油がついてしまいますので、軍手などで作業することをおすすめします

〈●チェーンを直す手順〉

  1. 安全な場所に自転車を止める
  2. 自転車のペダルを反時計回りに回す
  3. チェーンを引っ張りながら、ギアにのせる
  4. うまく噛み合えば時計回りにペダルを回す
  5. 正常に戻れば完成

まず自転車のチェーンが外れてしまった場合、人の邪魔にならない場所に移動します 公園などの広い場所で作業することをおすすめします そして自転車の種類によって、直し方が若干異なります それは「変速付き」か「自転車止めの形」です 皆様の自転車の構造によって御覧ください

自転車にはギアが前と後ろ計2つついています どちらが外れているか確認しましょう ギアから外れた方をうまく噛み合わすことができれば、正常に動くようになるということです。 そして変速付きの自転車で後ろのギアからチェーンが外れてし合った場合は、「一番外側(一番軽い)」のギアに変えてから作業します 

それでは作業していくのですが、ママチャリのような自転車止め(スタンド)の場合は、タイヤが地面から離れているため、サドルを回すことができるのですが、マウンテンバイクなど自転車止めが1本で、タイヤが地面から離れていないタイプは、作業しにくいので自転車を逆さまにしてしまいましょう。こうすることでタイヤが地面に接しないので自由に回るようになり作業しやすくなります。この際、自転車はかなり不安定になりますので、転倒には十分注意してください。

◆ギアの前を直す方法 サドルを自転車が進む方と逆回り(カゴが右手の場合、反時計回り)で回します その状態でチェーンの下を持ってゆっくりとギアに噛み合わせます 

◆ギアの後ろを直す方法 サドルを自転車が進む方と逆回り(カゴが右手の場合、反時計回り)で回します するとチェーンが外れていても回ります その回した状態で、チェーンの上を持ってゆっくりとギアに噛み合わせます

一発では難しいので、ゆっくりサドルを回しながら徐々に噛み合わせるように作業します ギアにチェーンがうまく噛み合ったら、自転車が進む方向にペダルを回して正常に動いたら完成です 

自転車の外れたチェーンが自力で直らない場合

どうしてもうまく直らない場合は自転車屋さんやホームセンターに持っていくことで、解決します お店によって変わりますが1000円から3000円ぐらいで数分で直してもらうことができます どうしてもという場合は専門家に話を聞くのが一番手っ取り早いです

まとめ

自転車のチェーンが外れた時 自力で直す方法

  • 安全な場所で作業する
  • どちらのギアから外れているか確認する
  • 反対方向に回してチェーンを噛み合わせる
  • ペダルを進行方向に正しく回れば完了

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。