ビーフシチュー,ビーフストロガノフ,ハッシュドビーフ,ハヤシライスの違いについて

最近難しい名前の料理が多くなった気がします 例えばガレットとかアクアパッツァとかとか… お洒落すぎてどんな料理か全くわかりません そして難しい名前もさることながら料理の種類も増えている気がします そして個人的に難しいと思ったのがタイトルにある通り

「ビーフシチュー」「ハヤシライス」「ハッシュドビーフ」「ビーフストロガノフ」の違いです 聞いたことはあるものの、料理だけ見せられたら恐らくわからないと思います ということで突然ですが問題です 以下の写真は4つのうちのどれかです 

 

どうでしたか?わかりましたか? 今はわからなくてもこの記事を読み終えたら全てわかるようになります 

スポンサードリンク

ビーフシチューとビーフストロガノフの違いについて

ビーフシチューとは、牛肉、人参、ジャガイモ、タマネギなどの野菜を長時間煮込んだ料理のこと 作り方はさまざまですが、代表的なものを紹介するとデミグラスソースで煮込んだもの、赤ワインで煮込んだもの、トマトで煮込んだものなどがあります

「シチュー」とは西洋料理の煮込み料理の一種のこと つまりビーフシチューは牛肉と野菜を煮込んだ料理の総称ともいえます

ビーフストロガノフとはロシアの料理で 牛肉やたまねぎ、マッシュルームなどをサワークリームを加えて煮込んだもの トマトが入っているものや、入っていない場合もあります ロシアの伝統的な家庭料理とおもいきや、レストランなどで食べる高級料理の部類に入るそうです 名前の由来はストロガノフ伯爵からだそうです

ハッシュドビーフとハヤシライスの違いについて

ハヤシライスとはハッシュドビーフを日本風にアレンジした料理 調理工程は牛肉の薄切り、タマネギなどの野菜を炒めて、小麦粉とバターを茶色になるまで炒めたルーと一緒に煮込んだものをご飯にかけたもののこと

ちなみに名前のハヤシの由来は諸説あるらしいですが、林さんが考案したからという説と、ハッシュド・ビーフ&ライスがなまった説が有力だそうです

ハッシュドビーフとは薄切りの牛肉と玉ねぎなどをバターで炒めたものを、デミグラスソースで煮込んだ洋食 ハヤシライスとの明確な違いは、ハウス食品さんによると

「ハヤシライスは、親しみのある懐かしい味。子供が好きな甘みのあるトマトソース味。ハッシュドビーフは、デミグラスソースをベースにした大人の味というイメージがあるようです。」

とのことです

スポンサードリンク

ビーフシチュー,ハヤシライス,ハッシュドビーフ,ビーフストロガノフを見分ける方法

色や具材で見分けるのは難しいです 確実に見分けるには「味」で判断するしか無いでしょう 

  ビーフシチュー ハヤシライス ハッシュドビーフ ビーフストロガノフ
深い味わいのデミグラスソース 甘みのあるトマトソース味 デミグラスソースのコクが強い サワークリームのコクが強い
ご飯 合わせる 合わせる 合わせる 合わせる
発祥 西洋 日本 イギリス ロシア

先程クイズを出しましたが画像だけで判断は正直難しいです ごめんなさい (※答えはAビーフシチュー、Bハヤシライス、Cハッシュドビーフ、Dビーフストロガノフでした)

まとめ

違いを簡潔に

  • ビーフシチューは牛肉と野菜を煮込んだ料理の総称 デミグラスソースが基本
  • ビーフストロガノフはロシア料理でサワークリームが入ってるのが特徴
  • ハッシュドビーフはデミグラスソースをベースとなったイギリス発祥の料理
  • ハヤシライスは甘みのあるトマトソース味でハッシュドビーフを日本風にアレンジした料理

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。