なぜ4月1日は早生まれなのか? 理由は法律にあり

皆さんの周りに“4月1日生まれ”の方はいるでしょうか? 年度の初めと重なる4月1日 この日に生まれると早生まれになるそうです 最近まで知りませんでした つまり4月1日生まれと4月2日生まれは、1日しか代わりはないのに学年が1つ違ってしまうということ

なぜこのようなことが起きてしまうのか その原因は「法律」に秘密があるそうです

スポンサードリンク

4月1日が早生まれの理由

小学校を例に説明していきます

4月1日生まれが早生まれの理由は「年齢の定義」「法律」が関わってきます

小学校や中学校など現行の学校制度の根幹を定める法律が「学校教育法」というもので その中で子供を入学させるタイミングが記した一文を抜粋しました

保護者は、子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校、義務教育学校の前期課程又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。
 
 
「子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初め」という表記が勘違いしやすいです 誕生日を迎えた日ではなく”満六歳に達した日”というのは 民法の定義だと、人が「年が増えるタイミング」は、誕生日当日ではなく誕生日前日の深夜12時とされています
 
つまり誕生日が4月1日の人が満六歳になるのは民法的に前日の3月31日になり、学校教育法の「子の満六歳に達した日の翌日以後における最初の学年の初め」は新学期の4月1日となるため、4月1日は早生まれとなります
 
 
 
もっとわかりやすく
 
  • 誕生日が3月31日のA君
  • 誕生日が4月1日のB君
  • 誕生日が4月2日のC君 

3人とも生まれた年は同じ2001年だとします

A君とB君が小学校に入学する年は2007年  同じ学年(2000/4/2~2001/4/1)になり、学年の中で1番誕生日が来るのが遅いのがB君になります

C君が小学校に入学するの年は2008年 同学年は(2001/4/2~2002/4/1)となり、学年で1番誕生日が早いのがC君になります

つまり一学年は4月2日生まれから翌年の4月1日生まれので構成されている事になります 年度初めが4月ということで、一瞬わかりにくいかもしれませんがこういった理由から4月1日生まれは早生まれとなります

スポンサードリンク

4月1日生まれは学年を選べるのか?

こんなややこしい誕生日なら次の学年にしてしまいたい そう思う方もいらっしゃるそうですが 結論から言うと選べません

この同学年の子と約1年も差ができてしまうという現象は、どこで区切ったとしても生じてしまう問題になります 仮に選べたとすると4月1日生まれの人の場合だけ2パターンの事例ができてしまい、色々な手続きなどでややこしくなるため、学年を選ぶことはできないそうです

さらに力技で「出生日を変更する」と考える方もいるそうでが、実際問題病院に相談したとしても難しいそうです せっかくの誕生日をそこまでして変えたいと思うのは悲しいですね

一見デメリットのように思えますが、デメリットだと思うのは小さい時だけ 大人になると学年の中で年を取るのが一番遅いのでメリットになることもあります 長い人生長期的な目で考えていきましょう

まとめ

4月1日生まれが早生まれになる理由 小学校を例に

  1. 新学期(4月1日)までに満6歳を迎える子が同じ学年になる
  2. 民法上4月1日生まれは3月31日に満6歳を迎える
  3. つまり3月31日生まれと同じように 早生まれとなる

4月1日生まれの方の大変さがわかりますね 誕生日はコントロール出来ないので難しい問題ですね それでは

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。