1000円カットでの失敗しづらい頼み方【男性編】

最近忙しく気がつくと髪が伸びて清潔感が薄れている今日このごろ 今度の休日に美容室に行きます。 今ではなんとコンビニよりも店舗数が多いとされている美容室。そんな中で、最近急にふえてきているのが1000円カットなどと呼ばれ、髪を切ってくれるような安さと速さを売りにしたタイプのお店が増えてきています。

そんな安くてしかも短時間で髪を切ってもらえる1000円カットなのですが、安さの代償に自分の要望通りに仕上がるのか?と不安な気もします。 安物買いの銭失いということわざがあるくらい、安いというだけで飛び込むのはどうなのか? なので美容室との違いなんかも混じえながらお伝えできればなと思っています。

男性が1000円カットに行って希望通りの髪形にしてもらうポイントを紹介していきたいと思います。 1000円カットに興味はあるけど行ったことがない人にオススメです。

スポンサードリンク

1000円カットでの失敗しづらい頼み方【男性編】

おそらくこの記事を読まれている方は1000円カットに行ったことがない方が大半だと思いますので、1000円カットの流れについてざっくりお伝えいたします。

1000円カットの流れ

1000円カットと言っても店舗は様々 代表的な1000円カットのチェーン店舗は「QBハウス」「カットコンシェルジュ」「カットファクトリー」などでしょうか。 ですがどの店舗の1000円カットでも流れは大体一緒と思っていただいて問題ないかと思います。

まず一般的な美容室と違う点は以下の通り

  • シャンプーなし
  • シェービングなし
  • スタイリングなし
  • 予約がいらない

つまりカットのみを行ってくれるのが1000円カットと思っていいでしょう。 そのおかげで料金を1000円にまで抑えることが可能なんですね。  そして「予約がいらない」のも魅力の一つ。 行きたいときにすぐ行ける便利さは忙しい男性でも気軽に行くことができます。

【1000円カットの流れ】

  1. 入店後券売機でチケットを購入
  2. 待合席で順番待ちをする
  3. カット開始
  4. カット終了

至ってシンプル 少し変わっているのが「先払い」であるということ。 一般的な美容室であれば、髪を切った後に支払いをすることが多いですが、効率を重視する1000円カットは、ラーメン屋のように券売機で券を購入するスタイルが多くなってきています。 

以上が1000円カットの大まかな流れでした。 それでは失敗しづらい1000円カットの頼み方についてご紹介します。

1000円カットでの失敗しづらい頼み方

1000円カットのイメージは「仕事が雑そう」「要望通りは難しそう」など、安いがために仕事はそうでもないと思われています。しかし最近の1000円カットは進化してきていて、一昔は“安く早いだけ”で雑なイメージが強かったですが、最近の傾向としては「自分の完成イメージを美容師さんに的確に伝える」ことで、自分好みの髪型にすることが可能になってきました。

【失敗しづらい頼み方】

  1. イメージ写真を持っていく
  2. 耳を出す、出さない 前髪の感じなどを事前に決めておく

美容師さんも短時間に切らなくてはいけないので、美容師さんに的確に伝えるために「写真」などを持っていくのがいいでしょう。 写真でなくてもネットで検索した画像を見せてもいいでしょう。 これによって美容師さんに全体のイメージをさせやすいです。 言葉だけではちゃんと伝わりにくいので、イメージさせやすい写真や画像がベストです。

イメージがなかなか浮かばないという方は「ホットペッパー」のアプリがオススメです。 メンズの髪型のイメージ写真が豊富なので参考になるかと思います。 無料アプリなのでありがたいですね

ホットペッパービューティー/サロン予約

ホットペッパービューティー/サロン予約
無料
posted with アプリーチ

イメージを伝えた後に「耳は出さないでほしい」「前髪は目にかからない程度で」など、個人の要望を伝えることによって、自分の納得いく仕上がりに近づくはずです。 

✕1000円カットのNGワード✕ 「おまかせで」 これを言ってしまうと残念な結果になってしまいます。 なんとなく頼むのは失敗のもと 完成形をイメージしつつ1000円カットに入りましょう。

1000円カットの主な失敗例の大半は「完成形をイメージできていない」ことにあります。 通常の美容室であれば、美容師さんがアドバイスをくれたり、最近のトレンドの髪型を勧めてくれたりもします。 しかし1000円カットはそういったものはないので「短くしすぎた」などの失敗につながりやすいです。 

スポンサードリンク

1000円カットを効率よくさせるためのコツ

1000円カットの流れや、失敗しないコツをお伝えさせていただきました。 最後に効率よくカットを終えるコツをお伝えさせてください。

  1. 髪を洗ってからカットに行く
  2. 髪をクシでとかしてから行く
  3. なるべく混まない時間帯に

まずお店に行く前に頭をしっかり洗い、整髪剤を完全に取り除き、寝癖等がついていない状態にしてからお店に行くようにしましょう。 先程もお伝えしました通り シャンプーがないので、そこの手間をしっかりと考慮した上で行くようにしましょう。 寝癖があると付いている部分とついていない部分の長さが変わってしまったりします。クシも通りにくくなりますので、しっかり長さを整えることができなくなってしまいます。しっかり髪を洗い整えた状態でお店に向かうようにしましょう。

そして「時間帯」について 予約がしなくても行けるというメリットがあるがゆえに、混雑しているときは1時間待ちなんてことも意外に多くありません。 1000円カットが混みやすい時間は以下の通り。

  • 平日の午前中
  • 平日の18時以降
  • 土日祝のお昼時

平日の午前中は主婦層のお客様が意外と多く多少混み合う程度です。 18時以降は仕事帰りのお客様が多いので混みやすいです。 土日祝日はお昼時を避けたほうが無難です。 以上の時間帯はなるべく避けるようにすると、待たずにカットに入れるかと思います。

以上が失敗しない1000円カットの極意でした。 実際に行ってみると意外と悪くない場所だと思うはずです。 1000円カットを上手に活用してみてください。

まとめ

1000円カットでの失敗しづらい頼み方【男性編】

  1. 完成イメージを思い浮かべる
  2. 写真やスマホの画像で相手に伝える
  3. おまかせは死んでも言わない
  4. 髪は洗ってからお店に行く
  5. 混み合う時間を避ける

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。